サスペンションセッティングのこと  リアサス編

    さて。
    前回の続きです。

    今日は実際のV11での話で主にリアサスについてダラ~と書いてみます。

    最初にフロントの話を簡単に書いておきます。

    フロントについてはプリロード/最大ストローク(バネ定数)はほぼよい感じだと思っています。
    高速、峠道を含んだルートをツーリングしながら最大ストロークを見ていくとかなり奥までストロークしています。
    もちろん底付きは無です。




    次にリアサスです。


    こちらはちょっと迷い中です。

    リアタイヤを浮かせた状態でリアサスを見るとバンプラバーの厚さが20mmほどあり、そこからダンパーロッド~シリンダまで50mmの長さがあります。

    つまり、バンプラバーまでストロークした時点で50mmのストローク量です。
    バンプラバーがない状態でダンパーロッドの最後までストロークすると70mmとなります。
    ではこのリアサスのフルストローク量って何mmなんでしょうか?
    要するにバンプラバーの厚さをどう考えるか?ということです。

    今は取り敢えずサスユニットととしてのストローク量を60mmと決めています。
    バンプラバーを10mm潰すところまでストロークするという想定です。
    レバー比を2とするとリアのホイールトラベルが120mm位はあるかなぁということも10mm潰しを考えた理由です。

    ほんとにそこまでつぶれるかは疑問ですが…


    現状のプリロード設定で1G沈下量が18mm、フルストロークを60mmとすると丁度30%です。
    そんなに的外れではないと思っていたのですが、これで走ってみるとバンプラバーまで15mm近くも余っていました。

    過去形なのは当時のダンパーの設定では、という事です。
    ちなみにリアサスの設定はこうです。

              プリロード 伸び側     圧側
    出荷状態       15mm 14クリック  12クリック
    GMDセッティング  13mm  4クリック   9クリック
    現状         13mm 32クリック  14クリック

    *ダンパーの設定は最強からの戻し量


    15mm余っていたのはGMDセッティングです。
    現状セッティングではバンプラバーまであと3mmといったところです。
    ちなみにフロント側のセッティングは同じです。
    リアの圧側のダンパーの設定だけでこれだけ変わるという事なんですね~


    以前も書きましたが、さすがにこれ以上圧側のダンパーを抜くと色々と不具合が出そうです。

    このように考えると、一名乗車のスポーツ走行(?)ではリアのバネ定数が高すぎるのかもしれません。
    これが”メーカーは2人乗りで底付きしないような設定にしている”ということなんでしょうかね?

    バネ定数を変えるなんて言うのは(今の自分にとっては)そんな簡単にはできませんので、バンプラバーまでの50mmの範囲でサスを使う事を考えた方が現実的なんでしょうか???

    あ、後は2人乗りですね。
    絶対しないとは言い切れないしなぁ。


    などなどダラダラと考えています。


    関連記事

    コメント

    非公開コメント