KSR用CDI リスタート

    去年あたりから「働き方改革」という掛け声が強くなってきました。
    歴史とか良し悪しは別にして、少しずつ帰宅時間が早くなってきています。

    昔は毎月毎月気持ち悪くなる寸前まで働いていました、というか働かされていました。
    ところがですよ、最近では早く帰れと言われる。
    それもちょっと前までなんで帰れるんだ?と言っていたはずの人からですよ。
    なんだかなぁという気も無くはないですが、その分好きなことに時間をさけるのは素直に喜ぶべきですね。

    おかげさまで平日の夜もPICマイコンのプログラムに向きあえるようになりました。



    そんな訳でKSRのCDIのプログラムの見直しを始めました。
    3年くらい放置していました。

    もちろん、エンジンはかかって普通に走るのですが、最大の課題は基準となる点火信号の精度。
    アイドリング~10000回転+αまで安定した正確な基準パルスが欲しいのですが、その信号がない。
    無ければ作るしかないので、磁石とホールセンサを使ってパルスを発生できないかなーと考えています。

    それからせっかくなのでUSBでPCと接続してセッティングの変更ができるようにしようかな、と。


    これまでCDI用としてはPIC24FJ64GA002というデバイスを使っていました。
    今回からデータロガーで使用したPIC24FJ64GB002に変更します。GBがUSB対応バージョン。

    ソフトはMicrochipのMALのUSBフレームワークとそのサンプルプログラム「Device HID Custom demos」をベースにします。
    ブレッドボードに回路を組んで、まずはMicrochipのフレームワークをそのまま再現することから始めています。
    再びソフトウエアの大海原を漂い始めました...
    さてさて、うまく行くかどうか…

    XIDE.jpg

    DSC_1602.jpg


    とりあえず、こんな感じということで。


    関連記事

    コメント

    非公開コメント