チョークレバーとグリップラバーの交換

    ゴールデンウイークも早くも後半ですね~

    今日はV11のプチメンテナンスを敢行しました。

    実はずいぶん長いことチョークレバーのホルダー?というのかな?がだらしなく口を開けてる状態になっていました。
    こんな感じです。
    IMG_20140501_102627.jpg

    もう1年以上も前に部品は仕入れていたんですが、このままでも問題無く使えていたということと、グリップを外さないと交換できないことからそのままになっていました。

    ただ、たいした距離を走っていなくても10年もたつとグリップもそれなりにヘタってきていますので、思い切っていグリップと合わせて交換することにしました。


    作業に先立ち近所のナップスまでKSR@自作CDIでお出かけ&グリップ購入。
    全長125㎜のグリップは在庫品の選択肢が少なくて、結局これ↓を買ってきました。
    IMG_20140501_135959.jpg

    ばらしてみると思った通り、プラスチック部品の爪が割れています。
    IMG_20140501_140446.jpg

    左側はサクッと完了。

    右側に移ります。
    オリジナルのグリップを引っぺがしてみてたら、こんなスロットルパイプが出てきました。
    IMG_20140501_144028.jpg

    ホルダー側もグリップエンド側もつばやらリブやらがあってちょっと困ったちゃんな感じです。
    なんだか妙な所で妙に拘った造りですなぁ・・・
    取り敢えずグリップラバーを通してみるとこんな感じでカッコ悪いことこの上なし。
    隙間のせいで間が抜けた感じに見えてしまいます。
    IMG_20140501_144517.jpg
    IMG_20140501_145502.jpg

    グリップエンド側はこのリブをニッパでバチバチと切断しちゃいました。
    切り口はガタガタ。でも見られる訳じゃないし良いかと。
    自分のバイクを切り刻む事に躊躇しなくなっている事が恐ろしい。
    IMG_20140501_145601.jpg
    IMG_20140501_145850.jpg

    この後グリップをワイヤリングして固定。
    買い物と合わせて3時間ほどの作業でした。

    ホルダー側はスキマがあるままです。
    アクティブとかのスロットルパイプ使えないかな・・・



    関連記事

    コメント

    非公開コメント