V11の吸気系を考える その2 エアクリボックス加工とちょっとした失敗編

    早速着手しました。

    写真の左側がエアクリーナーボックスの蓋です。

    IMG_2766_resize.jpg

    蓋の上側をざっくり切り取ってしまいました。
    同時に前方に伸びている本来の吸気ダクト(?)も容赦なく切断。

    IMG_2767_resize.jpg

    元の状態はこれ。

    IMG_2702_resize.jpg

    以前SS900で使っていたDucati Performance製のパワーアップキットでもこんな感じでエアクリーナーボックスの蓋を加工していました。
    もちろん、加工はメーカーからの指示ですけどね。
    このパワーアップキットはエアクリボックスの加工とフィルターの交換、Ducati Preformance製のサイレンサーと専用のROMがセットになっていたものでした。

    V11でも同じことができる?・・・はず・・・?
    エンジン始動はまだ先だと思いますが、さてさて、どうなることやら・・・

    ダメなら戻せばいいだけですからね。
    まずはチャレンジしてみましょう。


    ◆インシュレータの加工は失敗 orz
    先日の負圧取り出し口を取り付けたインシュレーター。
    接着剤が固まった頃合いを見計らって元に戻しました。

    IMG_2819_resize.jpg


    で・・・

    よくよくバイクを見てみると・・・

    こんなところにプラスのネジが・・・

    IMG_2821_resize.jpg


    一瞬、目を覆いたくなりました・・・
    もしかしてシールワッシャだけ準備すればよかったということなんでしょうか?

    あ~あ・・・やっちゃった・・・
    こんなところにこんなネジがあるなんて知らなかったんです。
    本当です。


    それにしてもへこみました。
    新車で購入してから10年近くになるバイクなんですけどねぇ・・・
    自らインシュレータに穴開けて、整備しているのか破壊しているのか全く分かりません。


    ま、やっちまったものは仕方ないです。
    気がつかなかった事にしておきましょう。
    取り敢えずエアクリボックスまで復元しておきました。

    IMG_2818_resize.jpg

    ちょっと悲しいですが、次回、同調調整に挑戦です。


    ところで、どうもSport(の一部の年式?)は左右のインマニをホースで接続しているようですね。
    狙いは吸気負圧の安定化?なのかな?
    ちょっとよく理解できていませんが、振動が減って、低回転域がスムーズになるようです。
    その代わりに左右のエキゾーストパイプをつなぐ連結パイプは装備されていないようです。
    僕のV11はインマニ側の連結は無く、エキパイはあり。

    メーカーの設定なので新しいV11方式がいいということなんでしょうか・・・
    インマニ側、エキパイ側両方やったらもっといい感じになるのでしょうか。
    いつか試してみましょうかね。

    関連記事

    コメント

    非公開コメント