V11 入手して20年目 いろいろ目論んでいる件

    どうもこんばんは。


    今年の12月でV11に乗り出して丸20年になります。
    改めて考えると20年ってすごいですね。オリンピック5回分です。
    まあ、自分でもちょっと信じられません。

    エンジン本体なんかを大きく弄るような改造はしていませんが基本的なメンテナンスとか調整、多少の改造でそれなりに好調を維持しています。
    大きな整備は冬の間にやることが多くて、例にならって今年の冬も少し手を入れたいと思っています。
    と、言うことでこの冬の作業についてイメトレを始めていて今回はそんな話。
    もちろん、いつも通りオチはないです。
    このブログは個人的な活動の記録なので。



    やりたいことリストの最初はステムベアリングの交換。
    前回のグリスアップからかなり時間もたっているので今回こそ交換する予定。
    これまで何度かグリスアップはしていますが、開ける度にベアリングのレースの黒いスジが増えているのが気になってました。
    バイク屋さんには指で触って摩耗の感触がなければ大丈夫だろうと言われていますが…

    過去、何度か交換しようと思ったのですが、ここまで引っ張っていたのはせっかくならアンギュラコンタクトのベアリングにしてみたかったからです。
    V11のステムベアリングはテーパーローラーベアリングでサイズ的には上下共通の外径52㎜、内径25㎜、組み立て状態の厚さが16.25㎜というものになります。
    使用できるアンギュラコンタクトベアリングを探していろいろなバイクのステムベアリングのサイズを調べていたのですが、合いそうなものが見つかりませんでした。
    唯一見つけたのが7205という型番のベアリング。
    これは内径25㎜、外径52㎜、厚さ15㎜ということでもしかしたら使えるかも?って思って購入してみたのですが…

    IMG_20230122_124014.jpg

    IMG_20230122_123915.jpg

    こういうやつを期待していたのですが、届いたものは非分解のフツーのボールベアリングっぽいやつでした。
    67165542.jpg

    ま、仕方ないので素直にテーパーローラーベアリングで行きます。
    NTNの4T-30205という型番です。(合っているはず・・・)
    IMG_20230122_123704.jpg

    ちなみに1200SPORTとかGRISOなんかのV11以降の機種もテーパーローラーみたいなので、モトグッチはアンギュラコンタクトは嫌いなのかもしれませんね。




    やりたいことリストその2はタイミングチェーンの交換。
    モトグッチのタイミングチェーンはそれはそれはお粗末な代物でいろいろなところで良くない評判を聞きます。
    純正品はチェーンにしっかりとテンションかけられなくて、バルブタイミングをちゃんとコントロールできていないみたいです。
    話を聞いた時から変えてみたかったのですが、何しろ面倒そうなんですよね。


    下の図の16がタイミングチェーンでで17が問題のテンショナー。
    これを外すには9のカムシャフトのギアと12のクランクのギア、それから番号ふられていませんがその下のオイルポンプのギアを外さないといけません。エンジン関係のギアなんで固く締まってそう気もします。
    202301232.jpg

    さらにはここにアクセスするのに下の図の15のカバーを開けないといけない訳で、カバーを開けるのも一苦労っぽい。
    202301231.jpg


    うーん、ハードル高そう・・・
    そもそもエンジンを車載のままで作業できるのか?ってことで実車を観察してみました。

    エンジン前側を占拠しているホーンとレギュレータとオイルクーラーを外してスペースを作ります。
    ソケットレンチを当てているところがカムシャフトだと思うのですが、かなり厳しいですねぇ~
    ギリギリでフレームの補強部材にもレギュレータのステーにも当たりませんが、インパクトレンチは使えないかもしれません。
    IMG_20230122_133155.jpg

    カバーを固定するボルトを確認しますが、至る所がカツカツのギリギリでどうにかアクセスできるって感じ。
    もし作業するなら六角レンチの長いソケットを買った方がよいかも。
    IMG_20230122_135641.jpg

    IMG_20230122_135821.jpg

    IMG_20230122_135450.jpg


    さらにこのカバーはフレームにも締結されています。
    下の写真の左下に写っているボルトがフレームとカバーを締結しているボルトです。
    ボルトは抜けばよいとして、カバーとフレームは密着しているだろうからここも大変そうな感じですね。
    フレームを少し広げたりしないとカバーが抜けないかもしれません。
    IMG_20230122_140139.jpg

    さらにさらにカバーにサイドスタンドが固定されているので、カバーを外すとサイドスタンドも使えなくなります。


    よほど作業手順を考えておかないと間違いなくはまるパターンですね。
    ざっと見た感じでは排気管、ガソリンタンク、フォークやFタイヤなど外せるものは外すとして、一番の問題はフレームの補強部材を回避できるか?ですね。
    始めてから車載状態では作業出来ないとなると面倒だし・・・


    やっぱりハードル高そうだなぁ・・・
    その他のやりたいことリストはバルブクリアランス調整、スロットルボディ清掃なんかだけど、これらは特に問題ないでしょう。
    プラグもそろそろ交換時期かな。

    タイミングチェーンテンショナーはどうするか悩むなぁ。
    この2年ほどスッキリしなかかったファイナルケースのオイル漏れは落ち着いたようなのと運転手の賞味期限の問題もありるのでやりたいことはちゃっちゃとやりたいんですよね。
    なんだけど、モトグッチのタイミングチェーンの交換とかネットで探してもほとんど参考になるような情報見つからないんですよねぇ…
    まあ、手に負えそうもなければいつものバイク屋さんに頼んでもいいのかな。


    早く終わらせたい気持ちもあるのだけれども、自分で作業するのであれば弄り壊さないように焦らずしっかり時間をかけるつもり。
    もうちょっと考えます。


    とりあえずこんな感じということで。


    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村


    KSR ’22年のジムカーナのお金とか’23シーズンに向けた準備の話

    どうもこんばんは。


    年明け最初の更新です。
    ダラダラ過ごしているうちに冬休みはあっさり終わってしまい、いつも通りの毎日を過ごしています。


    タイトルの通り、まずは去年ジムカーナ関係で使ったお金の話から。

    競技としてみればこれ以下はないであろう低いレベルの活動だと思いますが、実際どうだったのよ?ってことでざっくり振り返ってみます。
    今年の活動を考えるにも実績のデータを確認することは大事なので。

    ■練習会/大会参加実績  練習会 6回、大会 1回
    ■費用
      1.参加費 ・・・ 37k\
        ・練習会は概ね5k\/回程度で30k\、大会参加費は7k\ 計37k\

      2.トランポ、その他費用 ・・・ 52.5k\
        ・昨年は贅沢にもトランポとして毎回レンタルの軽トラを使いました。
         一回当たりレンタル料5.5k\+燃料1k\ で6.5k\/回 x7回 で計 
        ・お昼、飲み物、おやつも必要です。真夏は飲み物4リットルでも足りません。
         一回大体1k\で7k\

      3.車両のコスト ・・・ 65k\
        ・まずはタイヤで工賃を合わせて35k\程でした。
         今回は22年1月に新品に交換してまだ山残ってます。
        ・ガソリン、2stオイルは練習会1回あたり1k\ 計7k\
        ・その他、ギアオイル、冷却水、ブレーキフルード、グリス類等々は在庫品を使用
         たぶん、全部合わせても10k\程度、こちらは出費に含めておきます。
        ・フロント、リアのブレーキパッド、サイレンサーのグラスウールを購入
         これで10k\くらいだと思います
        ・セッティング、改造等ではハンドルの切れ角を規制するのにジュラコンの
         端材を購入しています。3k\くらい。
      4.合計 ・・・ 154.5k\
         

    ってことでおよそ16万円弱って感じですね。
    バイクの競技として考えるとめちゃめちゃ安いですね。
    最も、これ以下はないだろうというほど低レベルな活動ですけどね。
    中身を少し見てみます。


    ・車両コスト
    これは手持ちのKSRなのでゼロ。
    ガチ勢の皆さんはどのくらいのスパンで車両変えるのでしょうか?

    ・タイヤ代
    バイクの競技に関するコストで一番大変なのはタイヤ代だと思いますが、これはそもそも走っている速度が遅いとか、軽いバイクだとかなんかの理由であまり減りません。
    あと数回は練習会走れるんじゃないかな。
    ガチレベルの人から見たら信じられないレベルだと思います。
    自宅にはビードブレーカーとかコンプレッサーなんかもあって、タイヤ交換も自分でやればコスト抑えられるのですが、ま、年に1回か2回ならお店に頼むかな。古いタイヤの処分も大変なので。

    前輪
    IMG_20221225_144119.jpg

    後輪
    IMG_20221225_144143.jpg


    ・転倒コスト
    さらに低コストな活動に貢献しているのが転倒時のコストが全くかかっていないという点。
    KSRには長いこと乗っているので、レバーやペダル類の予備は持っているのだけど、全然使いません。
    転倒自体3回くらいしかしていないのもありますが、今のとこと、お金がかかるような壊れ方はしていません。

    ・メンテナンスコスト
    工具とかスタンドなんかは自前で持っているもってますので追加の費用はなし。
    油脂類やグリスなんかも微々たるものです。
    そういえばラダーレールだけは買いましたね。

    ・トランポ
    持っていません。
    とっても欲しいのですが、今置かれている状況とか経済的な事情とか諸々ありまして…
    軽の箱バンであれば車検、税金、保険その他年間の維持費って10万円位?
    レンタカー代の方が安いうちはレンタカーかな。不便だけど。
    それからトランポないので発電機もタイヤウオーマーも持っていませんが、全然そんなレベルではありませんので、特に問題ではないです。

    ・装備類
    2021年にコミネのプロテクタージャケット(界隈の人が俗に鎧と言っているやつ)を13k\位で購入。
    ブーツも壊れて買いました(35k\)。
    その他、メット、グローブ、レザーパンツはもともと持っていたもので対応してます。

    何だかんだと全部一度にそろえるとそれなりの金額になるのかな。
    とはいえ、頑張れば何とかなるレベルな気もするし、トランポにしてもタイヤウオーマーにしてもお金をかければいくらでも掛られるけどいきなりそこまですることもない訳で、やっぱりモトジムカーナは入口としては入りやすい感じはしますね。



    という感じで1年間手探りでやってみて、ようやく少し感じがつかめた気がします。
    で、今年こそ、もう少し速くなるべく成人の日を含む3連休とこの週末は必至にメンテナンスしておりました。


    ・フロントブレーキ
    昨年の11月ころからレバー握ったときの感触がギシギシだったのでマスタシリンダの中身を交換。ブレーキフルードも当然交換。
    IMG_20230114_132727 (2)

    いつも通り、ダストブーツも切れてました。
    IMG_20230114_131429.jpg





    ・リアブレーキ
    ブレーキパッド交換したのですが、ウチのKSRはNSRのホイールを使っていて、リアのブレーキディスクもホンダ系のものを使っています。
    ディスクの寸法の関係で、こんな感じで摩材を削らないとディスク側が削れちゃうんですよね。
    やすりで端っこから4㎜分削り落としました。
    こういうところがカスタムの面倒なところです。
    ちなみにちょうど1年前に交換していて、練習会6回で使い切った感じ。
    IMG_20230114_093544.jpg




    リアのブレーキフルードも1年ぶりの交換でしたが、びっくりするほど汚かったです。
    半年ごとに変えないと駄目な感じですね。
    IMG_20230114_121033.jpg

    ・リアサスリンクの清掃、グリスアップ
    ドロッドロでした。久々だったこともあって大変でした。
    IMG_20230107_121515 (2)

    ・車高調性
    ちょっと思うところがあって前後の車高を思い切って下げてみました。
    今までフロントフォークの突き出し量を減らしていたのですが、ノーマルの突き出し量に戻しました。
    リア側も車高調整のリンクでかなり後ろを上げていたものをノーマル近くまで戻しています。


    その他細かい点を見直したり手を入れたりした結果、予定の2倍くらいの時間がかかってようやく終了。
    昨日何とかテスト走行までこぎつけました。
    ブレーキとかリアサスはよくなりました。
    一番気になっていた車高はまだ何とも言えませんね。

    IMG_20230115_142002.jpg



    片側2車線の国道を車の流れにのって走るような場合だと前の設定の方がよかったみたいです。
    ちょっと直進時のすわりが悪い感じかな。轍なんかで振れやすくなっているような気もします。
    もちろん、危険なほどではないけど。

    車高を下げた目的はジムカーナ始めてからずっと気になってた問題を検証するため。
    兎に角S字とかクランクでの切り返しがすっっっっっっっっごく遅いんですよ。
    ほんとに嫌になる位遅いのです。
    例えば左から右に切り返すときに、
      バイクを起こしていくとサスが伸びてきて、
      直立を過ぎて右に傾き始めて、
      遠心力でサスが縮んでいってアクセルを開けていく
    って感じだと思うのですが、いつまでもサスが伸び続ける感じなんですよね。
    結果、アクセルを開けられるようになるまでにかなり待たないといけないんです。

    重心の位置が地面から高くて遠いので切り返しのリズムがゆったりした感じになっているような気がしています。
    もちろんバネとか減衰力なのかもしれないのですが、ひとまず試してみるつもりです。


    去年はジムカーナの練習会に毎月1回は参加することを目標にしていました。
    実際は書いた通り全くの未達。
    さすがにこれでは上手くはなれません。
    ガシガシ練習したいんですが、日程調整が大変なんですよね。

    それから世の中の多くの人が通ってきた道だと思いますが、中学~高校~大学ってアホみたいにお金かかるんですね。
    それなりに準備してきてはいますけどね。なんか、もう大変(笑)。
    最低でも去年以上に練習したいんですが、日程とお小遣い両方とも上手くやりくりしないといけない状況なのです。


    しかし!!そんなことは言い訳にしない!と思って迎えた2023年なのですが、1/11の平日ジムカーナ練習会は参加できず、2月ののサトカナ練も参加権争いに敗れてしまいました。あーあ。

    ・・・悲観的になっても何も解決はしませんので、やれる範囲で適当に頑張ります。


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村