KSR モトジムカーナ課題整理

    どうもこんばんは。



    前回の続き。

    ここからは実際練習会に参加してみてどうなのよ?って話なんですが、今回も(いつも通り)自分用のメモです。


    サーキットやオフロード走行なんかで走行会とかスクールがあるのと同じようにモトジムカーナも練習会があります。
    競技団体やバイクショップが開催するような練習会や現役のジムカーナ選手が参加者を募って開催している合同練習会のようなものもあります。
    それぞれ練習会ごとに特徴というか特色があって、初心者向け、とか、一定以上の経験・スキルが無いと参加できないものだといろいろです。


    自分の場合は2020年にお試しで誰でも参加できる練習会に2回ほど参加したのが始まりで2021年のシーズンからタイムアタック形式の練習会に参加してます。
    練習会は平日に開催されるものも土日に開催されるものもありますが、土日開催で人気の練習会は募集開始したとたんに満員御礼でキャンセル待ちになってしまったりします。
    1か月とか前の開催日に対し、諸々予想しながら参加を決めること自体がかなりハードル高い。
    更に申し込みの競争に勝ち抜き、参加にこぎつけるまでが一苦労です。


    そんなこんなで頑張って参加した結果が↓です。
    都合7回の練習会に参加してました。
    このうちの何回かは平日開催の練習会を含んでいますが、それも開催日直前まで休めるか否かの調整をしながら申し込んでたりします。

    No 参加日     TOPタイム 自己タイム     天候   CDI  その他備考
    1. 2021/06/11 1'12.610  1'35.716(131.8%) 晴    自作
    2. 2021/06/24 1'24.499  1'49.100(129.1%) 曇-雨  自作
    3. 2021/09/24 1'33.452  2'04.626(133.6%) 曇    POSH 肋骨骨折
    4. 2021/10/27 1'27.672  1'48.197(123.7%) 雨    自作 
    5. 2022/04/22 0'28.215  0'33.328(118.2%) 晴    自作
    6. 2022/05/21 1'05.278  1'25.175(130.5%) 曇    POSH
    7. 2022/06/17 1'29.855  1'52.053(124.7%) 雨    自作


    書き出してみると少ないな~って思いますね。
    色々話を聞くと月1回程度の練習でシード選手(115%を切るレベル)になるのは難しいらしいです。
    10000時間の法則?的なものをよく聞きますが、やはり何事もある程度の練習は必要なんですね。
    当たり前か。
    24か月で7回って単純返金で3か月に1回も練習指定なのでは論外ってことですね。


    さて、改めて結果を並べてみるとタイム的にはほとんど成長していないことが一目瞭然です。
    今後、会社辞めてジムカーナのプロを目指すとかは全くあり得ないことですけど、少しでも上手になるためにここまでの練習会で見えてきたものを書き出しておきます。


     ①速い人は何がどうなっているのか意味不明なんですがとにかく速い
     ②(今のところ)転ぶときは毎回同じ転び方をしている 
     ③コースを覚えるのがメチャメチャ大変
     ④ハンドルフルロックでの8の字や回転が出来ない
     ⑤バイクをバンクさせられない
     ⑥加速が遅い
     ⑦ストレートのトップスピードが遅い
     ⑧旋回速度が遅い
     ⑨倒しこみと切り返しが遅い
     ⑩どこをどう走ればよいかわからない
     ⑪ブレーキングポイントと倒しこみのポイントが安定しない

     ・・・

    ①は自分以外の速い人の話なので一旦置いておきます。
    ②が当面の重要事項。
    ③は完走して記録を残せるようになるためにも真剣に考えないといけないことの気がします。
    ④~⑪は車両と運転技術に関するものが混在していますが、おそらくすべての要素が満遍なく不足しているのだと思います。
    実際のスキルは10000時間の法則に則ってコツコツ改善するしかないのかもしれません。

    この中で今回は②と③について今時点で考えていることを書き残しておきます。


    ②転ぶときは毎回同じ転び方をしている 
    まずこれ。
    偏見か誤解かもしれませんが、ジムカーナやっている人なんか”転んでナンボ”的な感覚を持っている人も多い気がします。
    やはり常に限界に挑戦している人たちなので、プロテクターとバンパーでガッチリ転倒対策したうえでグイグイ行く感じ。
    でも個人的にはやっぱり転倒はしないに越したことないって思うのです。
    いくらプロテクターをしていても怪我を100%防ぐことはできないでしょうし、実際すでに怪我しているので。
    サラリーマンで趣味で楽しむ以上、怪我をして会社休むことになるような事態は絶対避けないといけないと思ってます。

    話を戻すと、7回の練習会のうちNo.3の練習会で3回、No.7 の練習会で1回、合計4回転倒しています。
    このうちNo.3が肋骨やったヤツですね。

    転倒する状況ですが、ある程度の速度からブレーキ掛けて180°以上のターンをするパイロンにアプローチするところで転んでいます。
    どんな転び方をしているかというと、

     2速でパイロンに向かって走ってくる
     ↓
     1速にシフトダウン
     ↓
     したつもりが実はニュートラルに入っている
     ↓
     気付かずに倒しこんでアクセルを開けるも後輪にエンジンパワーがかからず
     ↓
     そのまま地面に落下

    みたいな感じ。
    これが飽きもせずに全く同じ転び方で4回。
    で、今回改めて思い返してみると全部右回転で転んでいました。
    これはちょっと良くない。完全に毎回同じ原因で転んでるようですね。

    恐らくパイロンに向かってアプローチしながら右側に体重移動していたり上半身を進行方向(右)に向けたりする動作をしながらのシフト操作が不十分になっているのではないかと思います。
    もしくは左の足先が外に向かって開いているとか。

    いずれにしても右回転の時は明らかにシフトレバーの操作が不十分なんだと思います。
    左回転では一度も転んでいないことを考えると原因としては確定でしょうね。

    対応策としては当面の間意識してシフト操作をするようにするしかない気がしますね。
    対策が「意識する」とかのレベルで物理的な改善策が無いのは仕方ないのかな…
    ライディングも他のスポーツと同じということなんでしょうね…
    思い切り走っている最中だと気を付けることが難しいのと、一度これをやらかすと思いきり走れなくなってしまうことが問題です。



    ③コースを覚えるのがメチャメチャ大変
    次にこれ。
    大会に出て完走して記録を残そうと思ったら短時間でコースを覚える能力を身に着けないといけません。
    このコースを覚えることがまた超大変。サーキットとは全く勝手が違います。
    ジムカーナの場合は180°とか360°とかハンドルフルロックで回ったりすることはよく知られていると思います。
    実はもう一つ厄介なパターンがあって、一度走行した場所を戻ってきたりすることが多々あるのです。
    これがコースの記憶の難易度を上げてげている気がします。
    行きは180°ターンでUターン、次のパイロンでUターンで戻ってきて、最初のパイロンの隣のパイロンで360°とか540°回る、とかね。
    もう走っているとすぐに迷子になってしまいます。


    練習会ではコースウオークの時間でちゃんと覚えてその日の最初の走行でミスコースしないことを目標にスタートしますが間違えずに走れたことがありません。
    覚えられるのは精々半分くらいまで。
    最後までしっかり覚えて迷子にならずに走れるようになるにはだいぶ時間がかかります。
    10回くらい走らないと覚えらえない感じですね。
    つまり、大会で2本走ってタイムを競うなんて考えられないレベル。
    現状では2本ばかり走っても絶対完走なんてできません。
    そういう意味でも大会出たりシードだったりする人は凄いと思います。

    ずっと前からどうすべ?って考えていますが、中々よい案が思い浮かびません。
    場数踏むしかないのかなーと思いつつも、次からはコースウオークでこれ↓を意識しようと思ってます。

     ・コース上のパイロンを8の字、回転、スラロームみたいな基本パターンに分解してその順番で覚える
     ・立ち上がりで後輪を一番パイロンに寄せた位置を確認
      →その場所からから次のパイロンの倒しこむ位置を見て向かうべき場所の景色を脳みそに刻み込む

    特に2個目のヤツが重要な気がしています。
    要するに次の次を意識するとか2手、3手先を読むイメージです。



    まあ、こんな感じでバイクの性能とセッティングとか以前の問題で考えないといけないことが多いのです。
    多分やっている人からすると基本の”き”なんでしょうが、ド素人で体力も集中力も視力もすっかり下り坂のワタクシにはそれなり大変です。
    そうは言いつつも1回5000円ほどの練習会で一日中走れるというのは魅力的だし、実際面白いものなんです。

    練習量の話とかどこまで目指すかとかありますが、ひとまず最大限できる範囲でやってみるかなって感じですね。
    次回は8月末の練習会に申し込んでるので、そこまでにもうちょっと準備しておくつもりです。


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村


    KSR キャッチタンクの手直しとモトジムカーナの話

    どうもこんばんは。


    今回はちょっと真面目に取り組もうかと思っているモトジムカーナの話です。
    いつも以上に完全自分用メモです。
    すみません…

    本題の前にまずはガソリンキャッチタンクを作り直した話を。
    何度か書いているようにモトジムカーナの練習会に参加してることもあり、とりあえず付いてる、とか何となく動いているって部分の手直しをしています。
    自作CDIを見直したり、メーターを作り直したり。
    最近、ようやく仕上がって来ていて、もう少しってところまできています。
    で、先日、気になっていたキャッチタンクの手直しをしました。

    これまでは↓こんな感じで取り付けてました。
    見ての通りあまり良い取り付けではなくて、ホースがキャブレターのドレンよりも高い位置を通ってます。
    IMG_20220625_110348.jpg


    今回は100均の容器、水道用の90°の継手(?)とホースを使って↓こんな感じにしました。
    IMG_20220625_110426.jpg

    IMG_20220625_125713.jpg

    IMG_20220625_125623.jpg

    IMG_20220625_125643.jpg


    最初にキャッチタンク付けたときは今回ようにエンジンの下に取り付けてたんです。
    ところが、ある日豪雨の中を走っている最中に突然エンジンが停止に見舞われてしまいました。
    キャッチタンクに水が流れ込んで、ホースの先端が水につかってしまい空気が流れなくなってしまったことが原因でした。
    豪雨の中でエンストくらったのは夜の結構遅い時間で国道1号線の保土谷と横浜の間あたりだったと思います。
    道端でしばらく悩んでホースをキャブレター側で引っこ抜いてエンジンかかるようになったのですが、土砂降りの中でだいぶ悲しい時間を過ごすことになってしまいました。
    そんな経験から今の位置に取り付けていたのです。


    今回はその時の経験を踏まえてキャッチタンクの位置を下げつつも太いホースを立ち上げて、ここにドレンとエアベントのホースを差し込んでみました。
    雨の中でも多少は水は入りにくいのではないかと。
    費用は300円ちょっと。
    こんな感じで少しずつ中途半端なところを手直ししています。



    さて、本題。


    何故今更ジムカーナに足を突っ込もうとしているの?って話から。

    これは単純に面白いから。
    何と言っても実際やってみると面白いんです。
    これだけでは身も蓋もないですね。もう少し言えば速さが正義で自分の実力がタイムという絶対的な尺度で客観的にわかるのが楽しいかな。


    モトジムカーナのことを知らない人もいるかと思うので少し補足します。
    モトジムカーナとは何か?について一言で言えば「タイム競技」となると思います。
    ざっくり言うと
     ・教習所や駐車場などでパイロンやマーカーを使ってコースを作って走行タイムを競う
     ・走行は1台づつのタイムアタック形式
     ・同じ会場で開催される大会でも毎回コースが変わる
     ・コースは当日朝発表になり、コースウオークの時間内で覚える必要がある
     ・1大会での走行は2回
     ・2回のうち、早いタイムが記録として採用される
     ・タイム順に順位が決まる
     ・いくつかの大会は年度単位のシリーズ戦になっていて、年間ランキングを競う
    って感じです。

    そしてモトジムカーナ界隈で重要なポイントが「シード」という絶対的なヒエラルキーが存在することです。
    要するに市民大会か全日本かワールドカップかっていうランク分ですね。
    速さが正義の世界の中では大きな意味を持っています。

    そのヒエラルキー(シード)ですが、速い順にA級、B級、C1級、C2級などと言う感じになります。
    ノーシードの人はノービス。
    前述の通りモトジムカーナはパイロンやマーカーで規制してコースを作るので同じ大会会場でも都度コースが変わります。
    このためその会場のコースレコードという概念はありません。
    評価はその日、そのコースでのタイムとトップタイムからのトップタイム比です。
    1位の人のタイムが60秒だったとして、66秒でゴールをするとトプタイム比110%という感じですね。

    ちなみに各クラスの実力というか昇格の基準は↓の感じ。

     A級:105%未満を記録したことがあり前年のシーズンで一定以上のポイントを獲得した選手
     B級:過去105%トップタイム比105%未満を一度でも記録したことがある選手
     C1級:同110%
     C2級:同115%

    この他独自にD級とか定義している大会もあるみたい。
    自分もあまり詳しくないので間違いがあればご指摘ください。


    色々なスポーツがあって、芸術点みたいな感じで審判が採点する競技があるじゃないですか。
    フィギュアスケートはじめ、スノボのハーフパイプとか。スキーのジャンプも飛形点ありますよね。
    これってやっぱり公平じゃない感があるんですよね。
    7人が採点して最高点と最低点を除くとかね。
    同じ理由で審判が裁定するもの、野球でストライクかボールか?ホームランかファウルか?とか、反則も見られなければOKとかも同じです。
    誤解されそうな気がするので、念のため書いておくと別に否定しているわけではないですよ。
    モーグルもサッカーも楽しく見たりしてます。
    でも、やっぱり「時間」とか「距離」って宇宙の法則に則って順位が決められる訳で、これ以上公平な評価はないと思うのです。
    つまり、何が言いたいかというと「世界一まであと何秒か?」っていうのが一発で分かるっていうのが面白いのです。


    タイムで速さを競うという点ではオンロードのサーキットでもモトクロスでもありと言えばありなんですけど、普通のレースだと車両のレギュレーションで250㏄クラスとか1000㏄クラスって感じになるじゃないですか。
    でもモトジムカーナの場合はそんな制限はありません。
    80㏄のKSRと1000㏄超のビックバイクが同じコースで走ります。
    小排気量車が遅いかというと決してそんなこともなく、KSRでも104%とか105%とかのタイムを出す人もいるみたいでこの辺もバトルロワイヤル感があって独特ですね。
    ライダーの技量と車両の選択、改造、セッティング能力の総合力で競う感じです。

    そしてジムカーナのもう一つの良いところが参加のハードルが低いという点です。
    自分の現状の装備に加えて追加購入が必要なものはプロテクターくらいだったし。
    ぶっちゃけ言ってバイクの競技としては参加費用は一番安いんじゃないかと思います。


    まあ、いろいろ理由付けてますが、やっぱり楽しいのです。
    次に何度か練習会に参加してみてどうなのよ?ってことを書こうと思ったのですが、思いの他長くなっているのでいったん区切ります。
    練習会には2021年に4回、今年はこれまでに3回参加しました。
    何となく課題が見えてきた感じなので、そこも合わせて現状を記録しておこうと思ってます。
    この件、続きます。


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村