ロケットカウル王選手権

    どうもこんばんは。


    HAWK11の仕様が発表されましたね。

     公式ページ
     仕様

    \1,397,000だそうです。
    どうなんでしょう?売れますかね?

    この前の記事を書いた時からちょっと気になっていたのが、これってメーカー自身がロケットカウル装備だ、と説明している点。
    そうか、ロケットカウルか…
    ならばV11(のLemans…以下同様に読み替えてね)もロケットカウルということになるんですね…

    これまで”V11はロケットカウル装着のバイクでした問題”についてあまり意識したことはありませんでした。
    ワタシのV11、デザイン的にはとても優れていると思っているのですが、今回、最高にカッコいいロケットカウルのバイクってどれ?ということで、ネットで画像を探してみることにしました。

    ちなみにWikipediaでロケットカウルを調べると

    *****************************************
    ロケットカウル
    おもに丸形のヘッドライトを備えて、車体を覆う全体的に丸みを帯びたカウルを日本ではこのように呼ぶ場合がある。
    ハーフカウルの物とフルカウルの物がある。
    *****************************************

    となってます。
    それから今回はメーカー純正でロケットカウル装備のものに限定、カスタムされたバイクは含めないことにします。



    まずは我が愛車のV11。小さいですが、ほぼ真横からの写真。
    フロントカウルは上方向にボリュームがあって、スクリーンの高さもそこそこあります。
    上半身の前傾とスクリーンの高さのバランスが良いらしく、高速巡航はとても楽ちんで、風が頭の上を自然に流れていく印象。
    何よりもデザインが秀逸。オリジナルのV11 Lemansの発売は20年以上前ですが、全然古く見えません(オーナーの主観100%)。
    デザイン、機能ともにとても良いと思ってます。
    IMG_20220330_134520.jpg


    ここからは歴代のロケットカウルバイクを思いつくままにピックアップしていきます。
    改めて色々なバイクを眺めてみればV11の位置取りも見えてくることでしょう。
    当然、乗ったことのないバイクばかりなので、性能はわかりません。
    完全に個人的な印象だけなのでその点はご了承ください。



    まずはHAWK11。
    改めて公式ページの写真を見るとスクリーンが低い感じなんですねぇ…
    それからカウル~タンクあたりまでは良い感じなんですが、車体の後ろ半分がちょっとあっさりしすぎてる感が強いです。
    image-04.jpg


    次はGB400/500TT Mk2。HAWK11以外のホンダでロケットカウルを装着したバイクって思いつくのはこれくらい。
    他にありましたっけ?
    これはデザイン的には少しカウルが大きすぎる印象でちょっとスッキリ感がないかなぁ、と。
    Mk2ではない丸目1灯の方が好きでした。
    GB.jpg


    ホンダに続く国産勢としてスズキのBandit250/400LTDの登場です。写真は250です。
    このバイクはは丸いパイプのフレームとガソリンタンクのデザインとか結構好きで、発売当時はオリジナルの丸目1灯のデザインの方がカッコいいと思っていました。
    でも今見るとカウルのサイズ感含めて全体のバランスが良いですね。
    Bandit.jpg


    国産バイクで思いつくのはこれくらいかなぁ…
    カワサキのZ900RSとかはビキニカウルだし、ヤマハは思い当たるものがない…


    続いて海外勢です。


    すぐに思い浮かぶのがBMWのR NineT Racer。
    これも発売された時にV11と何が違うの?って思いましが、写真で見ると意外とカウルが小さいんですね。
    スクリーンも低い感じで全体のバランスというかボリューム感はちょっと物足りない感じが… あくまでも主観です。
    路上で見かけたことなくて、実物を見てみたいです。
    RnineT.jpg


    それからこんなのもあります。
    TRIUNPH Thruxton。
    これはよく知りませんでしたがカッコいいかも。わりとV11 Lemansに近い感じを受けました。
    triumph.jpg


    そして親戚筋のMAGNI Sfidaさんです。
    400、1000、1100㏄とあるのかな?
    写真は1100㏄のヤツでこのシリーズでは一番カッコいいと思います。
    ヘッドライトは丸目じゃないので今回の選手権的にはややマイナスか?
    シリンダヘッドカバーの上まで伸びたカウルのエラがエモいです。
    a0208987_16532819 (1)


    お次はGilera TT350/TT500 Saturno。
    マン島の頭文字をとったIOM(Isle Of Manかな?)という上級グレードがありました。
    ノーマルグレードと何が違うのかは知りません。
    発売時、なんとかさんという日本人の人が企画したバイクで伊藤忠が代理店となって輸入していたことで話題になっていましたね。
    スズキのGooseに影響与えたんじゃないかって勝手に思っていて、一度乗ってみたいと思ってます。
    でも今となってはちょっと難しそうですね。部品とか出るのかな?
    どんな感じかとても気になります。
    サトルノ_20180413_5c2843


    Saturnoより15年くらい古いのかな?Laverda 750SFC。
    このバイク、詳細は全然知らないのですが、存在だけは知ってました。正統派って感じで好きなデザインです。
    ラベルダ


    そして真打Ducati3連発。
    一発目はMH900e。これも随分話題になりましたね。
    ガソリンタンクの容量が8.5lしかなくて、しかもそのうち3.5lがリザーブってことで、それは無理だろーと思った記憶があります。
    かつての愛車のSS900ieと同系のエンジンだったのでよく記憶に残っているのですが、流石にちょっとありえないですよね。
    実用性を無視したデザインはカッコいいっちゃカッコいです。
    mh900e.jpg


    二発目はMH900eの二匹目のドジョウを狙ったスポーツクラシックと限定車のポールスマート1000LE。
    フロントカウルがちょっとボテッとした感じなのとフロントフェンダーが小さくてバイクの前、上側が重たい印象を受けます。
    これも私見なんで気にしないほしいのですが、ちょっと頭が大きくてバランス悪い感じがします。
    SS900ieとかMH900eなんかよりは街中で見かける機会は多かったように記憶しています。
    intro01.jpg


    最後の三発目が750ss。
    というべきか900ssというべきか?その辺りの詳細は詳しくないので違っていたらごめんなさい。
    言わずと知れたレジェンドバイクで特にこの写真のラウンドケースの個体を持っていれば相当な資産価値があると思われます。
    実は去年某所でこのバイクの実物を見る機会があったのです。
    もちろん本物を見るのは人生初でおまけにエンジン掛けてもらえて音まで聞かせてもらいまいした。
    低音でメチャメチャ迫力のある排気音とベベルギアの甲高い音に鳥肌立ちました。最高でした。
    さすがのV11もこれと比べるとプレミア感は見劣りしますね。
    ss900.jpg



    ぱっと思いつくのはこんな感じかなぁ。
    ロケットカウルってどちらかと言えばカスタムバイクの印象が強かったのですが、思いの他色々ありました。
    ただ、国内勢はやっぱり少なめ、欧州勢が多いのはなんとなくイメージ通りかな。
    丸目のヘッドライトにそれらしいカウルとなればデザインは似通ってくると思っていましたが、バイク全体としてみるとそんなことなくて夫々特徴のあるデザインだってことがよくわかりました。
    HAWK11はこんな中に最後発で割って入っていく訳で、市場でどんな感じに評価されるのかちょっと楽しみですね。

    さてさて、そのHAWK11から始まってなんの脈絡もなく、また、特にオチもない感じでここまできてしまいました。
    一応最後に今回見てきた中で改めて個人的ロケットカウルバイクランキングを考えてみます。



    第5位 Suzuki Bandit 250/400
     → 昔思っていたほどカッコ悪くないです。むしろカッコいいかも。
        気づかぬうちにV11に洗脳されて好みが変わってきたのかな?


    第4位 Laverda 750SFC
     → 古いスタイルの前後に長いガソリンタンクとカウルのバランスが好印象。
        昔から好きなデザインです。


    第3位 Gilera TT350/TT500 Saturno
     → まあ、これはバイクとして乗ってみたいランキング上位のバイクなので。
        軽量、スリムなシングルエンジンにロケットカウルってある種王道ですよね。

       
    第2位 Motoguzzi V11 Lemans
     →  20年来の自慢の愛車ですが、残念ながら2位です。
        ラウンドケースのベベルに敬意を表して2位ということで。
         750ssは手に入れられるレベルのバイクではないので、実質1位かな。


    第1位 Ducati 750ss
     →  知名度、希少性、価格トータルでみて1位は当然かと。
         ものすごーくお金に余裕があったらコレクションとして持ちたいですけけどね…
         ちょっと現実的じゃないですね。


    ということで、「第一回 チキチキ ロケットカウル王選手権」 は750ssの優勝ということになりました。

    こんなどうしようもない文章を最後まで読んでいただいた方、大変申し訳ございません&ありがとうございます。
    要するに言いたいことはV11はよいバイクですってことです。
    中古でも事故車とかではなければ買いなんじゃないですかね。
    たまにオークションでバラされて出品されるているのを見るとちょっと悲しい気分になってしまいます。



    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村


    V11 春の房総ツーリング

    どうもこんばんは。


    なかなかタイムリーな更新ができません(笑)。
    今回はちょっと前に房総半島を走った話です。
    別宅からのツーリングというと日光やら会津あたりが定番と化しています。
    ただ、今回はまだちょっと寒そうなのと路面の凍結とか塩カルのことなども考えて房総半島を走ってみることにしました。


    ”ちょっと前”っていつよ?ってことですが、4月2日の土曜日のことです。
    この日は天気はそこそこ良いものの、この時期としては気温低めの予報が出ていました。
    今回のツーリングの目的は以前何かの雑誌で見たCafe BIG ONEというライダースカフェでデカいハンバーガーを食べることと、後はいすみ鉄道とか小湊鉄道とか房総半島ツーリングでよく出てくる定番どころを適当に回って見るって感じです。
    名所めぐりは時間のある限りって感じですね。


    朝、天気予報をチェックすると最高気温10℃の予報。
    寒そうな感じだったので冬装備で出発しました。

    延々と下道を走って12時半過ぎ?Cafe BIG ONEに到着。
    IMG_20220402_123720.jpg

    バイクを止めているそばからお店の人が近寄ってきていろいろと説明をしてくれます。
    おススメのビッグワンバーガーはの残り2個らしいです。
    そんなこと言われるともうメニュー見る前から「それにします」ってことになってしまいます。自分の場合。

    これがビックワンバーガー。
    肉たっぷりでメチャウマでした。
    IMG_20220402_124713.jpg

    ちょっとアレな話になりますけどが、これとポテトと飲み物のセットで2508円でした。
    内容を考えると十分満足、むしろコスパいいかな。
    普段、昼食は社員食堂で350円のうどん食べたりしている身からすればもう超高級ランチでした。
    たまにはこんな贅沢も良いものです。
    Cafe BIG ONEは海岸から少し内陸に入った山の中にあるのですが、途中、満開の桜の下で咲いている菜の花を見ることが出来て、これぞ房総って感じで良かったです。

    腹パンパンで午後の部に出発します。
    目的地は燈篭坂大師の切通しトンネルです。


    しばらく走っていると車がぎっしり止まっているところがあって、様子をうかがってみると小湊鉄道の月崎という駅でした。
    皆さん、鉄道と桜と菜の花を写真に収めようとスタンバイしているようです。
    毎度のことでもはや説明する必要もないかもしれませんが、写真はいまいちですが肉眼で見た景色はこれより何倍もいい感じです。
    IMG_20220402_133039.jpg

    IMG_20220402_133237.jpg

    時刻表を見ると次の列車の到着までまだ20分ほどあります。
    鉄道好きな人なら当然待つのでしょうが、自分の場合はもう満足。
    列車は待たずに出発しました。


    切通りトンネルに到着。
    ここも有名な場所でいろいろなところで写真を目にしますね。
    IMG_20220402_143503.jpg


    到着した時、2組ほど先客がいらっしゃいまして、道端で何やら相談中の様子でした。
    4人組の人々はお仲間さんとインカムで話しながら動画の撮影をやっている様子。
    聞くつもりもないんですが、聞こえてくる話声からするとトンネルを走り抜けるシーンを動画に収めたいようです。
    動画チームが去った後、別の2人組の人がいたのですが、ちょっとだけ割って入って写真1枚だけ撮らせてもらいました。
    結果、トンネルの入口がまともに映っていないという写真になりました(笑)
    IMG_20220402_143914.jpg


    バイクを移動すると待機していた2人組がトンネルの手前にバイクをおいてカメラ位置を探り始めました。
    こちらは地図を見ながら横目でチラチラ見ていたのですが、バイクの位置を微調整したりしていて結構こだわっている様子です。
    インスタやツイッターでいいねを獲得するのは大変なんだろうなぁ。



    続いて向かったのは房総のウユニ塩湖と言われる江川海岸です。
    こんな写真が有名です(写真は拾い物です)。
    o0800060113566499425.jpg

    ただ、この電柱は2019年の台風の後、撤去されてしまったとのことです。
    近くには同じような電柱があるらしく、僕が見たのはそちらのようです。
    IMG_20220402_155738.jpg



    この時点で16:00近くになってきていて、どんどん風が冷たくなってきました。
    当然ここでも夕日を待つなどということはせずにさっさと帰ることにします。


    帰りは高速道路を使うことに決めていました。
    実はこの日から始まった高速道路の「二輪車定率割引」というものを利用するつもりで準備をしていたのです。
    いわゆる高速道路の半額割引です。
    江川海岸のある木更津から常磐道の水戸方面に向かうのはいくつかのルートがありますが、距離、時間的に一番合理的と思われるアクアライン~湾岸線~C2~6号線~常磐道のルートだと割引対象になりません。
    遠回りでその分時間のかかる東関道~圏央道~常磐道のルートだと割引対象となります。
    ちょっと微妙だな~と思いつつ、遠回りルートで割引を受けつつ茨城方面に向かって走ります。


    最後は途中で高速道路を降りてNobhillMotorCafeに寄り道。ちなみに木更津からは100km超で割引条件をクリアします。
    到着するころには日もとっぷり暮れて激寒でした。
    ここまで寒くなると思っておらず、追加で着る服を準備してこなかったことを後悔するほど寒かったです。
    IMG_20220402_191807.jpg

    写真には写ってないけど温かいスープと食事で復活。
    この後は下道で別宅まで戻りました。
    途中、路肩の温度計は4℃って表示されてました…


    とりあえず、春の房総ツーリングは無事に終了。
    考えてみればこの時期房総半島を走ったことってなかったような気がします。
    満開の桜と菜の花のコラボというのはかなりのインパクトでみんなが房総半島に行く理由がよくわかりました。
    せっかくなので自分ももう少し写真の撮り方を研究してみようかなと思わせる風景でしたね。

    高速道路の割引はやっぱりちょっと微妙かなというのが正直な感想ですね。
    このあたりは気が向いたらう使い方とか割引率とか調べたことを記事にするかもしれません。
    そもそもバイクならこんな面倒なことをせずに全体の料金をサクッと下げてくれればいいと思うんですけどね。


    とりあえずこんな感じということで。

    IMG_20220402_211256.jpg



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村



    V11 フロントブレーキパッド交換と少し走った話

    どうもこんばんは。


    今回はブレーキパッド交換の作業記録と近場を少し走った話です。
    時系列的には前回の記事よりも前の話ですが、フロントブレーキのパッドを交換しました。

    フロントのブレーキパッドを交換するのはこの時以来で、なんとほぼ9年も前の話で自分でも半分呆れてしまいました…
    当時の走行距離は13300㎞、今回の走行距離はだいたい52500㎞なので、ほぼ40000㎞も使ったことになります。
    途中から高速道路の移動中心の運用に変わったとはいえ、こんなに長い間使っていたのね…


    こちらが使っていたメタリカのパッド。
    IMG_20220320_114745a.jpg

    摩材はまだ2㎜あるのでもう少し使えると思いますが、さすがに交換。
    それにしても40000㎞って尋常じゃない距離ですね。
    ブレーキ握れば止まると思っていましたが、もしかしたら賞味期限切れで効きも悪くなってるとかあるのかしら?

    IMG_20220320_114754a.jpg

    IMG_20220320_114927a.jpg


    こちらが交換したパッドで、今回はZCOOにしました。
    TypeCではなく普通のヤツです。
    ZCOOってカタカナでズィクーって書いてあったりジクーだったりするような気がするけど漢字で”時空”って当ててるということを初めて知りました。
    10年単位で使う自分としてはそれこそ時空を超えて使い続けられそうで期待ができそうです。
    新品の摩材の厚さは4.2㎜でした。
    IMG_20220320_113531a.jpg

    IMG_20220320_115021.jpg

    IMG_20220320_115038.jpg




    ここまでが3月最後の週末の話で、HAWK11のこととか考えながら別宅に戻ってきたというのが前回の記事でした。




    そして3月の終わりに有給休暇を取って少しだけ走ってきました。


    朝ごはん食べてフラッと走り出してなんとなく海沿いの国道に出てそのまま南下。
    「そうだ、佐原にでも行ってみよう・・・」
    時々バイク雑誌で記事になりますが、これまで訪問したことはありませんでした。
    近場でいつでも行ける場所だし絶景の道ってわけでもないのでね、積極的に行くって感じでもなかったのです。



    飛騨高山とか奈良井宿、大内宿なんかと比べるとコンパクトな感じかな。
    川と古い和風との建物はよく合いますね。
    IMG_20220330_105047.jpg


    現地の観光案内の掲示板で伊能忠敬さんの記念館があるという情報をゲット。
    なんでも佐原の出身だそうです。知りませんでした。
    せっかくなので大人500円の入館料を払って見学してみることにしました。まあ、特に予定もなくて時間はあるので。
    IMG_20220330_105929.jpg


    50歳超えて江戸に出で自分より一回り以上も若い先生の弟子になって天文学を勉強したんだそうです。
    53歳から全国の測量初めて71歳まで続けたらしいです。
    すごいなぁ。好奇心とか体力とか実行力とかホントすごい。
    73歳で亡くなった後、弟子の人たちによって3年後に日本の全図が完成したとのこと。
    展示スペースとしてはそんなに広くはないですが、資料は国宝に指定されているものもあったりしてなかなか見応えがありました。


    駐車場で缶コーヒーを飲みながら次の目的地を考えます。
    で、Googleさんに道案内を頼んで、ここ↓に来ました。
    IMG_20220330_132243.jpg

    成田空港の近くの航空科学博物館です。
    700円払って入場。まあ、特に予定もなくて時間はあるので。

    周りは小学生くらいの子供とその親ばかりで、いい年のおっさんが一人で入場してるのは自分だけ。
    ここは旅客機のフライトシミュレータが有名で子供たちに人気らしいのですが、この日は待ち時間はほとんどなかったようです。
    実は割と飛行機好きでフライトシミュレータトライする迷ったのですが、さすがに恥ずかしかったのでやめにしました。
    あと全然知らなかったのですが、ゼロ戦のコクピットの実物大模型が展示されているんですね。
    通常は座席に座ることができるようです。
    現在はコロナのため休止となっていたのが残念でした。


    最後は近くの飛行機の丘という所で飛行機を眺めて終了。


    IMG_20220330_131101.jpg

    IMG_20220330_131115.jpg


    たまにはこんなのも悪くないですね。
    走行距離は少ないものの、満足度は中々高かったです。


    ジクーのパッドについては今のところメタリカとの違いがいまいちよくわかりません(汗)
    メタリカはガツンと効くタイプでジクーはジワ~っと効くというインプレをよく目にするんですけど…
    効き自体は評判どおりとても強力だと思います。
    もう少し使ってみて何かあればインプレ書くかもしれません。

    フロントブレーキ パッド交換 52552㎞


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村