V11 ファイナルケースオイル漏れの修理完了確認

    どうもこんにちは。


    いよいよオリンピック始まりましたね。
    前回も書いたとおり、今回のオリンピックは個人的にはちょっと納得いっていません。
    もちろんアスリート側には何の落ち度もないし、こんな事を書くのはとても申し訳ないとは思います。
    ただ、競技以外のところでネガティブな遺産が残りそうな大会であることは事実だと思ってます。

    始まってしまった以上、超デカいクラスター連発で競技が成立しなくなるとかのトラブル無く、無事に終わることを祈るだけですね。
    でも終了後は開催までの経緯とかちゃんと検証しないといけませんね。
    どうせ政府、東京都、組織員会、IOC、JOCすべてまともに総括などできるとは思いませんが、マスコミ他の情報をきちんと拾って自分なりの結論は持っておくべきでしょう。
    納税者としても選挙権を行使する側としてもちゃんと監視をしておかないといけないと思ってます。


    オリンピックはこれくらいにしておいて、今回は久しぶりに我がV11の話です。
    今年のこれまでの経緯はこんな感じになっていました。

    昨年末にオイル漏れが発生

    気のせい?とキチンと調べもせずに放置

    春先に気のせいではなかったことに気が付き、慌てて修理の手配

    修理完了したのとほぼ同時期に梅雨入り


    修理完了後の試運転をしておらず、昨日ようやく少し走ってきました。
    テストは首都高のオリンピック1000円加算対象外の区間を選んで

    横浜横須賀道路 → 狩場線(K3) → 横羽線(K1) → 横浜北線(K7) → 第三京浜
     
    のループで走ってみることにしました。
    横横は静かに走って狩場の料金所のゲートを通ったところでオイル漏れの無いことを確認、その後は流れに乗って普通に走って、最後に保土谷のPAで再確認。
    PXL_20210724_062127547.jpg

    PXL_20210724_062109250.jpg

    40㎞程走りましたが、オイル漏れは皆無。完全に直ってますね。
    よかったです。


    何年振りかの保土谷PAです。
    PXL_20210724_063459653.jpg


    アイス食べて帰宅しました。暑かった。
    PXL_20210724_062414664.jpg


    長くかかりましたが、これでようやく完結という感じです。
    プロにお願いして直してもらったのだから当然と言えば当然ですけど、ホントはこんなやり方は絶対NGですよね。
    ファイナルケースを受け取って組み立てたらすぐに動作確認をしておくべきです。
    いくらプロにお願いしたといっても万が一ということがあり、それを確認するのは依頼者側の責任だと思います。

    今シーズンはかなり出遅れましたが、やっとV11で走れるようになりました。
    どこか涼しい場所目指して走りに行きたいですね。


    とりあえずこんな感じということで。


    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村