直ったんじゃない?今回は手ごたえありかも。

    どうもこんばんは。

    金曜、土曜とスロットルボディの掃除と同調調整して試走までしてみました。
    結果は上々で、2時間の試走ではおかしな感じは見受けられませんでした。
    まあ、これまでの経緯からしてもう少し走ってから最終判断したいところですが、この何カ月の中では最高の状態でした。
    うれしいというか、ホッとしたというのが正直な感想。

    だいたいこんな感じ。


    あとはおまけでいつもの通り、作業の記録をダラダラと。

    毎週ガソリンタンク外していて、ここら辺はデフォルトなので詳細は割愛して、スロットルボディの状態から。
    エアクリーナ側。上が左側、下が右。汚いねぇ…
    IMG_20181123_123346.jpg
    IMG_20181123_123503.jpg


    吸気ポートの前側の写真で、上が左側。酷いなぁ。
    左シリンダーがパンパン言っていた時にサブコンで燃料増量したりしたからかもしれません。
    必要用以上にガソリン流し込んで消化しきれないとこうなるということなのか?
    IMG_20181123_123907a.jpg
    IMG_20181123_123931.jpg

    インジェクター。
    マレリのIW031という型番らしいです。
    ちょっとググりましたが、本家の生産は終了して久しく、いま流通しているものはサードパーティの怪しいヤツらしいです。
    今回は外側をかるく掃除だけしました。確かにインジェクターのクリーニングもした方がいいみたいですね。
    IMG_20181123_124150.jpg

    左右のスロットルボディを分離して丸洗いしようと思ったのですが、↓の六角穴付きボルトが回りません。
    回らないのは写真の右側(=車体外側)のボルトだけなんですが、反対側も同じです。
    どうもネジロック剤でガッツリ止めてあるようです。
    今回はあきらめて車体から外さずに掃除しました。
    IMG_20181123_124053.jpg

    掃除はキャブレターほど面倒ではなくて、目で見える範囲とバイパスポートを中心にキャブクリーナーできれいにしていきます。
    ↓の写真の黄色い丸がバタフライバルブのエアクリーナー側のポートで、赤い丸がエンジン側のポート。
    IMG_20181123_123537_LI.jpg

    アイドリングとかバタフライバルブの開度が低い状況で、バイパススクリューで調整した空気をエンジン側に流して燃調を調整しているはずなんです…
    が、バイパススクリュー超汚くて、機能していたのかな…という状況。
    IMG_20181123_132206.jpg

    バイパススクリューの穴にキャブクリーナーぶち込んだところ、両方のポートから真黒な泡があふれてきまして…
    相当に汚れていたようです。

    掃除して、どんどん復元して同調調整の準備をします。
    以前、記事にしたとおり、全閉状態でTPSの電圧の確認をすると130mVくらいだったので、150mV目標で調整。
    IMG_20181124_144224.jpg

    何年振りかでバキュームゲージを引っ張りだして、エンジン掛けるとこんな感じ。
    なんだか合っていませんねぇ…もう少しそろっていると思っていたのですが…
    IMG_20181124_145706.jpg

    写真の右のゲージが左シリンダで、左のゲージが右シリンダー。右シリンダーの吸入負圧が低い(弱い)ということのようです。
    つまり、バタフライバルブを繋ぐ連結ロッドが長すぎるということ。
    ロッドを短くする方向にスクリュー回して右側のバタフライバルブが開くように調整します。
    この後はアイドリングと2000回転くらいでゲージがそろうように調整しました。
    と、書くと一行ですが、それなりに面倒な作業で、バキュームゲージの設定も微妙で気を使います。
    最終的にバイパススクリューは右側が1/2回転開け、左側が3/4回転開けにしました。



    調整終わったのが土曜日の夕方4時過ぎ。そこから試運転を2時間ほど。
    江の島で缶コーヒーを飲んでから連休で渋滞していると思われる道に突入。
    渋滞の中でも今までのようにアイドリングがばらつく感じもなくて最後まで安定してました。
    IMG_20181124_165827.jpg



    最初に書いたように、ひとまず、今回の同調調整でこの何カ月間の中では一番いい状態になりました。
    いやーx10^10、長かった。
    ただ、少し疑心暗鬼になっているところもあるので、もう少し様子みるつもりですけど、何とかひと段落ですかねぇ~
    よかったよ、本当に。


    とりあえずこんな感じということで。


    飽きた。

    タイトルのとおりです。はい。


    もっとこう気持ち悪くなるくらい走りましたとか、紅葉がきれいだったとか、どこそこその○○は旨かったとかそんなバイクライフ希望なんですけど。

    自分的にはこのブログはネット上の個人的ライフログの位置付けで、起こったことを淡々と記録するというスタンスなんですが、さすがにこんな不具合自慢みたいな内容ばかりだと嫌になってきます。
    もう、いっそのことカタナ予約するとか…
    いやいや、そういうわけにはいかないか…

    一応、試走の結果は記事として残します。何しろ日記だから。


    日曜日、朝ごはん食べて、10時過ぎから2時間ほど走りました。
    最初は調子よかったんです。
    特に行先を決めずにR1を箱根方向にぶらぶら走り始めると、普通に走ります。
    茅ヶ崎でまで時間にして小一時間、この時の油温80℃超えるくらいでしたが、ほんとごく普通な感じ。

    流石にもう大丈夫か、と思い帰ろうと思ったのですが、Uターンする前に湘南ジャンクヤードによってみることにしました。
    久しぶりでしたが、相変わらずカオスな感じは健在でした。
    もう、V11はすっかり直ったつもりで別宅常備用にジャンク原付2種バイクでも買う?とか思いながらぶらぶら見物。

    プロ向けとか。
    IMG_20181118_110936.jpg
    IMG_20181118_110951.jpg

    チョイノリ1.5万円とか。
    IMG_20181118_111001.jpg

    BSAのマークが2台。本物?部品出るの?とか。
    IMG_20181118_111359.jpg

    売り物?とか。
    IMG_20181118_112840.jpg

    結構いいかも、とか。
    IMG_20181118_111156.jpg

    このほかにはストマジとかホンダのラクーンとかヤマハのポップギャルとか中々珍しいバイクが普通の顔して展示してありました。
    で、ひとしきり見て満足したので帰ります。

    再スタート後も特におかしなこともなく、これなら高速も走れそうだったので、新湘南バイパスで帰ります。
    ほんの数分ですがバイパスの終点まで全く問題なし。


    心の中で完治宣言した直後、不正脈感再発。
    あーあ。疲れます。

    イラっとするのがちょっとづつ良くなっている感じがするところです。
    いろいろなものが少しずつ影響しているということなのか?
    全体的に古くなるっていうのはこういうことなんですかねぇ…

    この後ナップスでもう一度休憩して長めにエンジン冷やしてみたりしましたが、回復はせず。
    めんどくさ。
    ジャンクバイク買うなんて場合じゃないな。V11自体がジャンクって様相を呈してきた…


    さて。どうしたものか。
    あとすぐできることはスロットルの同調調整くらいだなぁ…
    3連休でやってみよう。同調取ってみて直らなかったら、しばらく休憩かな。

    走れないわけじゃないしね。


    こんな感じということで。

    直ったのか???

    どうもこんばんは。


    今日、午前中家の用事を済ませたあと、午後からタペット調整をやってみました。

    クランクを回すために発電機のカバーを外す必要があるのですが、そのためにはエキゾーストパイプも外さないといけません。
    それからヘッドカバーを開けます。

    IMG_20181117_135328.jpg

    まずは現状値の測定から。
    測定結果は↓の感じ。
    右シリンダー IN:0.24㎜ EX:0.21㎜
    左シリンダー IN:0.23㎜ EX:0.28㎜

    シロート測定なのでプロの人が作業したらどうなのかはわかりません。はい。
    もちろんシックネスゲージを使いますが、だいたい何時も0.24㎜(=0.20㎜+0.04㎜)は入るけど、0.25㎜は入らない → 隙間は0.24㎜って感じで判断しています。

    前回は約1年前の車検時にいつものバイク屋さんにIN:0.20㎜/EX:0.25㎜で調整してもらっています。
    5000㎞ほど走っていますが、結構ばらつくなものだなぁ…

    今回の事象を考えると特に右シリンダーのEXが0.21㎜と狭くなっているのが気になるけど…

    でもな~ コメントもらいましたが、メーカ指定のクリアランスはIN:0.10/EX:0.15なんですよね。
    実際オーナーズマニュアルもこうなっています。
    IMG_20181117_222408.jpg

    つまり、EXの0.21㎜というのはメーカ指定値よりは広く、これが原因ではないような気もするのよね…
    今の気温で数分間のアイドリングで問題になるクリアランスか?というとちょっと疑問な訳です。
    そうは言っても折角開けたし、調整値からはズレているので、とりあえず調整はじめます。

    が、これがまたクソめんどくさい。
    いつものことだけどロックナットを締めるときにアジャストスクリューも一緒に動いちゃうんですよね…
    何度もやり直してようやく左右共に0.20㎜/0.25㎜にそろったころにはすっかり夕方になってました。

    ヘッドカバーを取り付けてエンジンを掛けてみると、なんとなく調子よいような気がします。
    ん?どうなんだろう・・・
    以前は3分くらいの暖機で怪しい感じが出ていたんですが、少なくともそれはなさそうです…
    ただ、もう何度も直ったと思いってガッカリするのを繰り返しているので、まだ喜ぶのは止めておくことにします。
    判断は一度試運転してからにしますかね。


    とりあえずこんな感じということで。

    結局、こうなる

    どうもこんばんは。


    前回のエントリで書いたようにプラグコードとキャップを正しく組み立てたところ、かなり普通の感じになったのですが、まだちょっとアイドリングで空燃比の変動が大きい状態でした。
    しばらくアイドリングしているうちにばらついた感じになり、空燃比計が大きな数値を示すんですよ。16とか17とか。

    ってことで10月最後の週末にプラグコードを交換したのですが、結果は変わらず…
    プラグコードもキャップも無罪のようです。

    じゃあやっぱりコイルなの??? もうしょうがねぇなぁってことで山口県からウオタニさんを召喚しちゃいました。

    IMG_20181103_000212.jpg

    コメントで教えてもらったノーマルも手に入りそうでしたが、以前から導入を考えていたウオタニの投入を決断。
    ウオタニはコイルの取り付けが大変そうで最後まで迷いましたが、ノーマル新品はそこそこの価格だし、オークションではそもそも良品かどうかわからないわけで…
    ここまで来たらもうとりあえず買うしかないってことで思いきりました。


    自宅に届いた現品を確認したのが11月2日の金曜日の帰宅後です。
    一番気になっていたコイルの取り付けボルトの穴径、ピッチを確認すると、なんと径もピッチもノーマルコイルと同じ!!
    コアの鉄芯の厚さがノーマルより6㎜薄いだけという寸法でした!!
    これは本当にラッキーで、内径4㎜厚さ6㎜のカラーを使えばノーマルのステーにそのまま取り付けられそうです。

    早速モノタロウでカラーを購入。
    IMG_20181110_111127.jpg

    先週末、土曜の朝から取り付け作業開始。ノーマルのステーとカラーを使えばこのままコイルが付けられそうです。
    ちなみにカラーはグリスで貼り付けてあります。
    IMG_20181110_113157.jpg

    コイルとプラグコードの角度はイマイチですが、手間を思えば納得。
    写真は配線まで終わった後のものですけど、これでガソリンタンクとの干渉もありません。
    IMG_20181111_094410.jpg
    IMG_20181111_094442.jpg


    後はアンプの位置を決めて配線です。
    IMG_20181111_100355.jpg

    IMG_20181110_153932.jpg

    IMG_20181110_152156.jpg

    ここら辺はもうひたすら一つづつ確実に。
    ウオタニ召喚から取り付けまでなんとか週末2回で完成しました。
    ホームセンターハシゴして使えそうなステーを探してって感じで3-4週間かかると思っていたのが思ていたのが奇跡の取り付け。
    いや、ほんとこんな簡単に取り付けられると思っていなかったので超ラッキーでした。


    で、ここまで投資して時間かけて結果は?ってことなんですが、残念ながら100点にはなりませんでした。
    エンジンを掛けたところ一応改善はしている模様。90点からウオタニ投入で95点になった感じかな…
    少なくともコイルが劣化してたのは確かなようなので、高価なコイルを投入したのは無駄ではない感じです。

    それにしても… 後は何だろう…
    エンジン掛けてしばらくすると現象が出ることから思うとバルブクリアランスが狭いっていう可能性はあるかも。
    後は調子悪い時にバックファイヤとか出まくってたことを思うとインジェクションボディの掃除もした方がよいのか?
    とにかくもう今年のツーリングは捨ててガッツリ見直すほうがよさそうです。


    とにかく一歩前進しました、というお話でした。


    とりあえずこんな感じということで。