試運転は来週に持ち越し

    どうもこんばんは。

    絶賛休憩中のV11ですが、土曜日の朝から先週色を塗ったバッテリートレイとバッテリーを車体に取り付け、エンジン掛けてみると何事もなかったかのようにサクッと始動。
    左シリンダーだけ特別なことが起こるなどということもなく至って普通にアイドリングしていました。
    でもやっぱり実際に走ってみないことには何とも言えないよな・・・と思っているうちに雨が降り出してしまい試乗は断念しました。

    今日は台風24号の影響が心配だったので早めに別宅に移動。
    暇に任せて以前からやりかけていたヘッドカバー磨きの作業きを頑張ってました。

    IMG_20180930_210933.jpg

    これ、以前記事にしたんですが、オークションでゲットしたものでオリジナルの塗装はガンメタリックでした。
    バイクにあてがってみると、ちょっとロッソコルサの雰囲気には合わない感じだったので、磨いてみることにした次第です。
    塗装自体は剥離剤で簡単に落とせたのですが、剥がしてびっくり。
    MOTO GUZZIの文字が刻まれた面はさすがにきれいですが、そうでないところはアルミの表面がガッタガタ。
    昔持っていたハンドグラインダーは壊れて捨ててしまったので、ひたすら手作業で磨いています。

    写真上のやつは#2000の耐水ペーパーまでかけて、コンパウンドで磨いたもの。
    アルミの部品磨くのは初めてなんで勝手がわからなかったので、最初の一個をトライアル的にコンパウンドまでやってみました。
    この感じだと#800くらいの番手でもう少し磨いた方がよかったのかもしれません。
    下は#240→#320→#400まで磨いた状態です。

    今回みたいな磨き作業はあまりやったことは無かったですが、何にも考えずにただひたすら磨き続けるというのも意外に楽しいかもしれませんね。
    余計なことを忘れられてストレス発散になってる感じです。
    ただ、だんだん飽きてきたのでほどほどにやって終わりにするつもり。

    もちろん、取り付けはエンジンがまともになってからですけどね。

    とりあえずこんな感じということで。


    復活への準備

    ブログ更新はサボっていましたが、バイクは触っています
    早く完全復活を目指したいところなんですけど、ますはいったん冷静になる意味でも長年の懸案も合わせて手直し中です。

    それはこれ。バッテリーのトレイです。
    IMG_20180909_132013.jpg

    写真は車体に取り付けた時に下になる面を取っています。
    写真の上側のベルクロはRapidBikeを取り付けるためのものです。

    結構ひどく錆ています。
    これは2006年(だったかな?)にビーナスラインをツーリングした時にバッテリーがお漏らしをしたことがあって、それ以来どんどん錆が進行していました。
    そのうち塗装しようと思いつつ、既に干支も一回り。
    どれだけ放置すれば気が済むのよ?ってことで今回重い腰を上げて錆落としと塗装することにしました。


    剥離剤で塗装をはがすとこんな感じ。
    IMG_20180916_104251.jpg
    IMG_20180916_104313.jpg

    流石にバッテリー液のアタックを受けて12年も経つとそれなりですね。
    花咲かGのタンククリーナーに付け込んで錆退治開始です。
    IMG_20180922_112734.jpg

    金曜日の夜からタンククリーナーに投入。
    土日の間に何度か耐水ペーパーで磨いてここまできれいになりました。
    ただ、錆が深くて表面はガタガタです。
    IMG_20180923_112507.jpg

    連休最終日の今日、プシューっと色塗り。
    垂れたり柚子肌になったり失敗だらけでしたが気にせず完了にしました。錆錆よりは百倍マシですからね。
    IMG_20180924_120406.jpg

    これであと一週間乾燥させてから組み立てるつもりです。


    実はバッテリートレイを外すときに気が付いたんですが、RapidBikeのコネクタが半挿しになってたんですよね…
    コネクタをロックが掛かるまで挿入するとこんな感じ。
    IMG_20180924_120950.jpg

    こちらは半挿し状態のやらせ写真。
    IMG_20180924_121037.jpg

    恥ずかしながら前回のテストランはこんな感じのまま一日走っていたようです。
    っていうか、いったい何時からよ?

    関与したのは自分か、いつものバイク屋さんか、この前の残念なバイク屋。
    うーん… まあ、犯人捜しをしても仕方ないか…
    脇が甘かったのは否めませんなぁ… 気が付いただけ良しとしますかぁ…


    とにかく、今度の週末は試運転ですね。
     ・インシュレータ交換で直っているか?
     ・直っていなければRapidBikeをキャンセル
     ・それでもだめなら点火コイルとプラグコード&キャップの左右入れ替え
    の順番でチェックかな。

    10月には走れるようにしたいけどどうなることやら…


    とりあえずこんな感じということで。


    バックファイヤー対策 プラグの確認とインシュレーター交換

    一夜明けて、さっそくチェック開始です。

    まずはプラグとインシュレーターを確認します。
    ちょっとピンボケですけど、プラグはまあこんなもんですかね…
    少しススが付いている感じがありますね。
    これは、昨日、あまりにパンパンいうのでサブコンで3000rpm以下の領域で燃料増やしてみたことが原因かもしれません。
    写真の左側が左シリンダーのプラグですが、左右で大きな差はないようです。
    ひとまず、かるく掃除して戻しました。
    IMG_20180909_123945.jpg

    次にインシュレーターです。
    ずいぶん前に交換用として購入済でした。
    IMG_20180909_123317.jpg

    こちらが昨日まで使っていたもの。
    左用です。
    何か所か亀裂がありましたが、内部につながるような大きなものは無いようです。
    新品と比べると多少変形はしていますが、弾力もあります。
    ただ、さすがに新車から15年も使ってそろそろ交換してもバチは当たらんでしょ、ということで交換しておきました。
    IMG_20180909_123420.jpg

    IMG_20180909_123435.jpg

    IMG_20180909_123454.jpg

    IMG_20180909_123523.jpg

    ひとまず、左右とも交換して復元をしておきました。
    今日は時間切れでここまで。
    インシュレーターは右側のほうが状態は良かったですが、これが原因かは走ってみないとなんとも言えないですねぇ。
    ただ燃料増量してもパンパン病は変化なかったので、インシュレータからの2次エア吸い込みっていう可能性は低いのかなぁ。

    兎に角、続きはまた来週です。

    2018/9/9 インシュレーター 左右交換  34533.4㎞


    とりえあずこんな感じということで。



    電気系トラブルの対策効果確認

    電気系統トラブルのジェットストリームアタックを受けていたV11君。
    先週末から久しぶりの海外出張に行ったりしていたのですっかり放置状態でした。
    ようやく今日試走してきました。


    一応、V-UP16が不調の時はシート外してギボシを差し替えればキャンセルできるようにしてあります。
    後はセルが回らない場合に備えてはバッテリーからスタータリレー直結できるよう配線を準備。
    焦っても仕方ないので朝飯食べてから10時過ぎに出発。

    車庫から出してセルボタン押すとサクッと起動します。V-UP16は普通に機能しているってことですね。
    とりあえずR1で箱根方面に向かうことにして出発。
    コンビニ、スタンド、ファストフード店とか困ったときに避難できる場所が多い方が都合いいからね。
    さすがにヤビツ峠とかに行く気にはならんです。はい。

    何はともあれ油温上げるために車の後ろについて走ります。
    小一時間走っていい感じに温まったところでU-Media湘南があったので寄ってみました。

    油温は100℃近くまで上がった状態から、少し走って駐車場に入ったところで96℃。
    IMG_20180908_110421.jpg

    エンジン切って、直後にセル始動x3セットトライしましたが、結果はキュルキュルボンx3です。
    合格?
    どうでもいい話ですがU-Mediaに来るなんてたぶん10年ぶりくらいだと思います。
    昔、ここにクシタニのお店が入っていてウエアとか買ったような気が…
    せっかくなので少し店内を見てみました。

    ハイブリッドですよ。
    IMG_20180908_112731.jpg

    時代を感じます。ま、個人的には買いませんけどね。
    なんなでしょうかね?
    マン島走っている神電とかは乗ってみたい気がするんですよ。でもこれは…自分でもよくわかりません。
    開発者のみなさん、すみません。

    SLです。いいなぁ。
    国内4メーカの新車ラインナップの中では断トツで気になっています。
    IMG_20180908_112944.jpg

    GSX-R。
    気が付いたら国内メーカの1000㏄のスーパースポーツは100万円代後半~200万円越えてますね。
    新車はちょっと手が出ないです。
    IMG_20180908_113015.jpg

    写真はないのですが、Z900RSがあったのでまたがらせてもらいました。
    お店のおねーさんによると今購入申し込んでも年内に納車できるかどうか?というタイミングらしいです。
    バイクは軽くて乗りやすそうでした。

    さらっと15分ほどで一回りして、改めて出発。
    それにしても暑い。1か月前に比べれば少しはましだけど、運転手側も高温動作試験されている気分で走っていても汗ダラダラ。
    この後は小田原の手前で雨に降られつつ、箱根の旧道走って芦ノ湖のほとりのセブンイレブンで休憩。

    旧道の標識。いつも思うんですが、わかりにくくないですかね?
    IMG_20180908_140936.jpg

    日付と曜日と時間に加えて排気量まで読み取らせるのっていかがなものかと。
    さらに不思議なのは550㏄って運転免許も車検もなんも関係ない感があるのは僕だけでしょうか?
    さらにその2で、この標識、温泉宿の看板に隠されるようになっているんですよ。
    クソ標識と結論付けざるを得ない、そんな感じ。

    芦ノ湖は雨がパラついていて、路面はびちゃびちゃ。
    IMG_20180908_144422.jpg

    休憩後、大観山目指して出発。
    ところが、この辺りからちょっとエンジンが怪しくなって来てしまいました。
    ついに来るものが来たって感じ。バラバラいってトルクがありません。
    大観山の駐車場で様子を見ようと思っていたのですが、マラソン大会か何かで閉鎖中で、そのままスルー。
    結局椿ラインの途中の駐車スペースでV-UP16をキャンセルしたところ、なんか調子戻ったような…
    やっぱりV-UP16壊れているのかな?

    ここまで降りてきたら晴れ間が広がってました。
    IMG_20180908_151949.jpg


    その後はR135~R1と普通に走っていたんですが、更にもうひと盛り上がり、ダメ押しが待ち受けていました。

    茅ヶ崎辺りから左シリンダーだけやたらとパンパン言い出しまして。
    バックファイヤーってやつだと思うのですが、その強力版が頻発するようになってしまいました。

    調子悪くなる前も時々パスって感じの軽い奴は発生していていたんですよ。
    強力版も過去1~2回は経験してまして、これが発生するとシリンダーとインジェクションボディを接続しているインシュレーター?というのかな?ゴム製のワッカが外れるんです。

    その強力版の発生率が急上昇。というか、発生がデフォルトになってしまいました。
    パンっていって止まって車載工具のドライバーでホースバンド緩めて、戻して、また締めて。
    走り出したらすぐにパン!
    あーめんどくさ。クソ暑いR1の路上でやってられません。
    最後はもうインジェクションボディ半挿し状態で帰ってきました(笑)

    (おいおい)x10^10って感じです。
    左シリンダだけなので、どこかから2次エア吸っているか、左側の点火系の部品がおかしいんだど思うんですよね。
    でも、さすがに今日はもうお腹一杯で無理。


    最後にとりあえず今日の試走の結果。
    クランク角センサー → 不具合っぽい感じは出ていない。OKかな。
    セル回らず      → とりえず直ったことにする。
    火花とばず      → V-UP16は黒に近いグレー。というかほぼ黒。

    そして第4の不具合として左シリンダーパンパン病発症。

    せっかく試走したのに泥沼指数が上昇するっていうね… 
    あーあ。


    とりあえずこんな感じということで。

    おまけ:
    出張で行ったイタリアの写真。ミケランジェロ広場から望むフィレンツェの街並み。
    IMG_20180903_192708.jpg