V-UP16準備中 ワイヤーハーネス製作から動作確認

    最近話題のV-UP16、ゲットしました。
    点火コイルへ供給する電源電圧を16Vまで昇圧するデバイスです。
    まあ、DC-DCコンバータですね。

    IMG_2175.jpg

    そしてV-UP16用のリレーキット。
    V-UP16の電源をバッテリーから直接とるためのリレーになります。

    IMG_2179.jpg


    ◆コイルのコネクタ
    問題は取付けです。
    本体の設置場所と結線の両方ともよく考えたいところです。
    兎に角にも結線を間違えないようにしなければなりません。
    それから、なるべくノーマルのハーネスを弄らないようにしたいところです。
    コネクタの差し替えでV-UP16あり/なしが選べるのが理想です。

    ってことで、まずはコイルの確認からです。
    V11のコイルはこんな感じになっています。

    IMG_2959_convert_20120226234830.jpg

    今回はじめて知ったのですが、コイル側が2極のオスのコネクタになっているんですね。
    電気的にはこの2極のコネクタで接続されていることになります。

    そうとわかれば、こっちのモノです。
    このコネクタさえ入手できれば、V-UP16を割り込ませるハーネスが作れます。
    都合が悪くなった場合には簡単に元に戻せるというメリットもあります。

    色々調べた結果、AMP製の ”Super seal 1.5 series ”というコネクタだということが分かりました。
    欧州のメーカーにしか供給していないという情報もみつけたのですが、結局通販で入手。

    それにしても本当に便利な世の中です。
    個人がこんな部品を1個単位で入手できるのですから、驚異的です。


    ◆ワイヤーハーネスの準備
    そんな訳で、コネクタ一式を購入し、V-UP16用のハーネスを作っています。
    まずはV-UP16本体側です。
    リレーと合わせて作ってみました。
    このコネクタの反対側がバッテリーに接続する電源、GNDと左右のコイルへ16Vを供給するラインに分かれます。
    リレーの電源ラインのヒューズはバッテリー側に挿入する予定。

    IMG_2933_convert_20120226231219.jpg

    本体側は5極のコネクタにしたのですが、このAMPのコネクタって結構大きい。。。
    取り合えずバイク側のスペースは問題ないんですが、スマートじゃなかったかも。

    一応途中で動作確認はしてあります。
    ここだけは写真残してありました。(笑)

    白い線材がV-UP16の電源リレーのスイッチです。
    テスターの+端子(赤いワニ口クリップ)をV-UP16の出力につないであります。
    白い線材を12Vに接続すると、テスターには予定通り16V近くの電圧が表示されました。

    IMG_2942_convert.jpg

    こちらはコイル側のコネクタです。
    赤のラインが16Vラインで、コイルの+側に接続されます。
    白のラインは元々のコイルの電源ラインで、セルが廻っている間とエンジンが掛かっている間に12Vが出力されます。
    今回はこれを電源リレーのスイッチとして使用します。
    緑のラインはコイルの-側からのラインでCPU(イグナイタユニット)内のトランジスタのコレクタ(またはFETのソース)に接続されているはずです。

    多分接続させているはず。。。
    きっと合っているはず。。。
    正しいと信じて今度の休みに取り付けてみようと思っています。。。

    IMG_2954_convert.jpg

    こわさないようにしないとね。。。


    ◆車体への取付
    準備しておいた自作ハーネスをオリジナルのコネクタとコイルの間に割り込ませます。
    ハーネスの取り回しも事前にシュミレーションをしておいたので特に問題なし。
    サクッと完了。

    本体は車載工具の横にとりあえず置いてみました。
    こんな感じです。

    IMG_2969_convert.jpg

    IMG_2970_convert.jpg

    元々この場所は車載工具用の樹脂製のトレイがあったのですが、そのままではスペースが足りず、トレイは撤去しちゃいました。

    バッテリーを搭載した状態です。
    ちょっとゴチャゴチャしていますが、一応、暫定取り付け完了です。

    IMG_2973_convert_.jpg


    ◆動作チェック
    さて。いよいよ動作チェックです。
    机上でコネクタの接続は何度も確認したし、動作チェックもしているので、間違いはないはずですが。。。
    メインスイッチオンした瞬間に煙など出ようものなら多分立ち直れさそうな気がします。

    一瞬ためらいましたが、キーを回してみました。
    いつもと同じ燃料ポンプの作動音。
    ショートはしていないみたいです。

    で、意を決してセルボタンを押すと。。。


    エンジンかかりました!
    3分ほどアイドリングしてみましたが、V-UP16やハーネスには異常は無いようです。
    いやー、良かったです。



    その後、試乗に出かけました。
    本当に近所を一回りしただけでしたが、これがまたいい感じ。
    すごく期待できそうです。


    このあたりについてはまた次回にでも書いてみたいと思います。


    V11用VENTURA製リアキャリア装着!

    こんなのも購入しました。

    VENTURAというメーカのリアキャリアです。

    IMG_2206_convert_20120131235235.jpg

    フラットラックという部品?もあわせて購入。

    IMG_2200_convert_20120131235621.jpg


    VENTURAというメーカーは今回初めて知りました。
    ニュージーランドのメーカーだそうです。
    日本ではN Projetが代理店?輸入元?となっています。

    他にはHepcp&BeckerとかMG Cycleで取り扱っているものを見つけましたが、結局VENTURAに決定。
    将来的にリアに箱を取り付けることも考えているのですが、フラットラックが使いやすい気がしたのが選定の理由です。

    もちろん、頑張って取り付けるつもりなのですが。。。
    この手のものって経験的に取り付けが微妙なんですよね。。。
    バイク側、キャリア側の寸法のバラつきの管理が難しいんでしょうけどね。。。


    ◆取り付け開始
    取付を始めてみると、案の定、ちょっとすんなりつきそうもありません。
    あと、購入後知ったのですが、取り付けのためにはバイク本体に加工が必要です。。。
    シートカウル内側のリアタイヤからの泥はねを防ぐ黒い樹脂製のカバーの一部を切り欠かかねばなりません。

    目立たない場所とはいえ、バイクを切り刻むのはちょっと躊躇しましたが、まあ、取り付けをやめる気もありません。
    指示通りに加工して仮組みをしてみると。。。

    IMG_2927_convert_20120212232425.jpg

    写真の丸いパイプの先にキャリアを取り付けるのですが、そのパイプとパイプを固定するステーの位置関係でちょっと問題が・・・
    取説によるとパイプとステーがクリアランスなしで取り付くはずなのですが、そうするとステーとシートカウルが当たってしまいます。

    シートカウルとの干渉を避けるためにはステーを車体センター側に追い込む必要がありました。
    プラハンでステーをたたきまくってシートカウルに干渉しない位置まで曲げてみました。
    適当なスペーサーを入れるしかないですね。
    まあ、あせらずボチボチですね。
    スペーサーについてはお店回って探せば適当なものがあるでしょう。


    ◆取り付け完了
    スペーサーさえあれば何とか取り付けられそうです。
    そこで、手持ちのナットやワッシャをスペーサ代わりに使用して、とりあえず形になりました。

    写真上手く撮れていませんが、パイプとステーの間に10mm分ほど詰め物をしています。
    どうでしょう!

    IMG_2963_convert_20120226231612.jpg

    得意の現物合わせのやっつけ仕事です。
    そのうちちゃんとしたスペーサーに交換しないと。。。

    で、以前から購入してあったゴールドウインのシートバックをキャリアに取り付けてみました。

    IMG_2968_convert_20120226231858.jpg


    これで一泊くらいのツーリングには十分対応できるはず。
    あと、サブコンのセッティングをするのにPCが必要なのよねぇ
    バックにカッパ入れてクッション代わりにすればPCも入れらるかな。

    キャリアつけてバックまで購入したんだからには、たまにはお出かけしないとね。


    続きを読む