V11 試乗後の試食

    どうもこんばんは。


    ホーク11の試乗の後の話です。
    もともとこの日は夕方から予定があって遠出は無理だったんですよ。
    そこで、いつか機会があれば試そうと思っていた水戸納豆ソフトなるものをを試食しに行くことにしました。

    これ、常磐自動車道の東海PA(下り)で売ってるやつで、水戸名物と銘打っているものです。
    試乗したホンダドリーム店から最寄りのインターから常磐道にのればすぐに東海PAです。
    お目当ての水戸納豆ソフト、480円だそうです。
    IMG_20221103_124851.jpg


    現物。
    なぜ、この組み合わせ?という感じです。
    IMG_20221103_125329.jpg

    ソフトクリームと納豆と醤油…
    掛かっているのは醤油だと思いますが、もしかしたら市販のパックの納豆に入っているタレ的なものだったかも…
    外のテラス席で頂きます。
    単品で食べれば確かにソフトクリームと納豆でした。
    混ぜて食べろ、とのことだったのでグイグイ混ぜてから食べてみます。

    んー、特にこの組み合わせである必要はない気がします。
    ソフトクリームの方が圧倒的に強いです。ソフトクリームに包まれた納豆は納豆感が感じられません。
    何かの固形の粒粒が入っているソフトクリームという感じでした…
    醤油かタレもソフトクリームに吸収されてしまって行方が分かりません。
    それよりもソフトクリーム自体がなんだかネバっとしている気がして、こちらの方が気になりました。

    試食インプレ5行で終わってしまいました(笑)。
    前回のホーク11の試乗インプレの後におまけの話で付け足すつもりだったのですが、書いているうちに面倒になって別記事に分割することにしたんです。
    でも5行で終わるならわざわざ別記事にすることもなかったですね。


    ちょっと正直するぎるインプレかもしれませんが、ソフトクリームとして不味いわけではなく、ちゃんとおいしいです。
    話のネタにいかがでしょうか。
    ちなみに東海PAはもちろん上り線にもありますが、上り線のPAでは売っていません。



    話は変わって、実はしばらく前からTwitterをやってます。
    モトジムカーナ界隈の人が練習会の情報をやり取りするのにTwitterを使うことが多いみたいでアカウント作ったのが始まりです。
    ジムカーナの人々ってリアルの練数会でもハンドルネームで活動する感じなんですよ。
    やってると言ってもしばらく放置していたこともあって、2年ちょっとでツイート数80とかのかなり無口なアカウントです。
    なのですが、まあ、せっかくなのでブログと連携してみることにします。
    ちなみに連携とか全く考えていなかったので、ブログのハンドルネームとTwitterのアカウント名は全くリンクしてません。
    どうしようかと思いましたが今更面倒なのでそのままですね。



    快晴で、とても暖かかった今年の11月3日。ホーク11試乗して水戸納豆ソフトを試食してオートバイと納豆文化について深く考察するという文化の日にふさわしい一日になりました。

    IMG_20221103_131154.jpg


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村


    V11 ホーク11試乗

    どうもこんばんは。


    11月3日の文化の日の話です。
    以前から気になっていたホンダのホーク11を試乗してきました。
    気付いた範囲で感想など書いてみたいと思います。


    別宅の近所のホンダドリーム店に試乗車があるという話だったので、開店時間を見計らって訪問。
    試乗の希望を伝えて手続きをします。
    書類を記入している間にお店の人がバイクを準備してくれました。
    試乗のコースはお店の周りを反時計回りにぐるっと回る5㎞程のコースとのことでした。


    準備して跨ります。
    ここで感じたことは、まずサイドスタンドからバイクを直立させるとき、とても軽い。V11よりだいぶ軽いですね。
    ポジションは正直なところホーク11の方がしっくりきます。
    V11はシートのどこに座るかにもよるのですが、ステップがちょっと後ろでハンドルバーが遠い。
    バーの高さはV11もホーク11もほとんど同じだと思いますが、ホーク11の方がバーが近いことととステップの位置の関係で上半身を支えるのが楽だと思います。バーの開き角はV11はちょっと狭くてホーク11はちょっと広い感じ。個人的にはこの中間が好みかな。
    ちなみにV11はボルト穴の遊びの範囲一杯まで開き角を広げています。
    足つきは特に印象なくて、悪いという程じゃなかったと思います。(当方、170㎝、77㎏くらいです)


    いよいよ出発です。
    事故して怪我をしても保険金は出ないし、バイクも弁償してもらいますってことで、少し緊張しながらの試乗となりましたw。
    ちなみにドライブモードについてですが、お店の人は出発前にわざわざスタンダートに設定してたのですが、出発してすぐにスポーツに変更しちゃいました。


    走り出してみると操作に対して帰ってくる反応がいちいち新鮮です。
    当たり前ですが、V11の当たり前とは全く違います。
    へぇーとかほぉーとかいろいろ思いながら走っているうちに、あっという間に試乗コースが終わってしまいました。
    途中、コンビニの駐車場で写真だけは取りましたが、それ以外は試乗コースをきちんと守りましたよ。
    ホントはこのまま少し遠回りしようとも思ったりもしたのですが、止めておきました。
    根が真面目なんで悪いこと出来ないんですよね。


    さてさて。
    本題の試乗の感想を覚えている範囲で書いてみます。
    まず、操作系についてはクラッチもスロットルも軽くてとても楽ちんな感じがよいです。特にクラッチは楽だと思います。
    いろいろ言われているミラーは見え方自体は問題ない感じ。
    要は慣れの問題と言ってしまうと身も蓋もないですけど、実際、走り出した直後はいつもミラーがある位置に視線を向けてもそこには何もなく…という状況だったのですが、すぐに慣れました。

    改めて!!!だったのがシートの表皮が全然滑らないこと。
    ジーンズでの試乗したが、これはどうなんでしょう?最近のバイクはみんなこうなの?
    V11のシートは結構ツルツルなんすよ。
    元気に走るときには自分で積極的に動くので全く気にならないのですが、
    巡航時なんかではチョットした段差でズルっと滑って座る位置が前にズレるっていうのが地味にストレスだったりするのです。
    逆にホーク11のシートは動きにくくないのかな?と少し思いました。 


    次にエンジンの印象です。
    スロットルバイワイヤってことですが、無造作に開けてもドン付きをほとんど感じなくて感心しました。
    チェーン駆動だってことをほとんど意識しなくていいくらいの感じでびっくり。
    1000㏄超のバイクとは思えない感じで、思わずKSRかよってツッこんでました。
    流石令和のバイクですね。雨の日とか長距離走って疲れてきたときなんかはとても良いと思います。
    でもまあ、これは自分のV11も同じような感じかな。

    広い道でパッとスロットルを開けてみましたが、結構速い感じがします。
    あまりメータ見てる余裕なかったのですが、4500回転(?)くらいからギュンって力が出る感じ。
    V11のウルトラフラットな感じとは対極ですね。

    ただ…なんだかスロットルバルブとか燃調、点火の制御で作った特性って印象を受けてしまいました。
    素でこういう感じなのかなぁ…
    4000回転あたりまでちょっと抑えてあって、その後は制限外してエンジン本来の力を出している感じがしたんですよね…
    まあ、お断りしておきますが、もちろん、ワタシそんなこと評価できるような人でありません。
    シロートの適当インプレってことで流してください。

    OHC4バルブで最高出力は102馬力ということで馬力的には自分のV11の10%増しの感じ。
    パワフルに感じるのはその通りというというところなんでしょうね。
    並列2気筒の270°クランクという予備知識はあったのですが、これについても特にコメントできるような知識は持ち合わせていません。
    運転した感想としては回しても振動などほとんど感じずに快適に走れそうな気がしましました。

    V11の90°縦置きVツインとホーク11の270°クランクの並列2気筒って結局何が違うの?というのはこの短時間の試乗ではつかみきれませんでした。
    もちろん、クランクシャフトの配置が違うことが一番の違いを生んでいることは間違いないとは思います。
    けれどもクランク位相、点火時期がどう影響しているのかはさっぱりわかりませんでした。(爆)


    最後に車体について。
    サスペンションは固かったです。前後とも。
    これは新車だからかもしれませんね。
    もし、慣らしが済んでもこのレベルだとすると、段差を乗り越えたときの突き上げとかはちょっと疲れそうな感じがします。
    ステアリングの反応もサスペンションを好き勝手に調整している自分のV11に比べるとちょっと曖昧な感じで頼りないかな。
    サスの慣らしが進んでどうなるか?なんでしょうけど、それを確認することは難しいかな。


    僅かな距離の試乗でしたが、印象としては以下の3つにまとまる感じです。
     ・ポジション、操作系はホーク11がいい気がします。
     ・エンジンはホーク11の方がパワフル。
     ・サスペンション、車体の挙動は好みもあってV11の圧勝。新車のホーク11は不利だったかも。

    で、総合評価なんですけど、ホーク11って半日とか1日単位で箱根か伊豆あたりのワインディングを軽々と、でもそこそこのペースでスパスパ走りまわる感じの楽しみ方をするバイクって印象でした。
    燃料タンクの容量がちょっと少なめの14Lということなのでホンダもそんな使い方をイメージしているのかもしれませんね。

    ホーク11に試乗した結果、自分の中でV11の位置づけがこれまで以上にはっきりしてきた気がしています。
    V11はもともと長距離が得意なところに自分が舗装林道みたいな道も楽しく走れるようなセッティングを足した感じなのかもしれません。
    なので、両車はオーバーラップすることはもちろんありますが、一回の走行あたりの距離レンジが違う感じですかね。



    もう一つ感じたことはバイクにどう向き合うかは人それぞれ、正解はないということですね。
    V11なんかさんざん手間暇かけて触り続けた結果、新車の状態と今の状態って結構別物なんですよ。
    冷静&客観的にみて良くなっていることは事実ですが、一方でそこまで手を掛けても最新式にはかなわないところがあるのもまた事実です。
    これは予想通りではあるけれどもやっぱり少し悔しかったりもしています。

    それをどう評価するかは人それぞれ。
    手間暇かけずに一定期間走ることに専念して、適当なタイミングでに新型に乗り換えるっていうのも全然アリですよね。
    経済的に見た場合、そちらの方が合理的な選択だということはわかっているつもりではいます。
    ただ自分の場合は結構ネチネチしつこいタイプで、実はまだまだV11で試したいことが残っているんですよね。
    ガソリンエンジンの終焉が見えてきている昨今なのでやりたいことは急いで消化しないといけませんね。


    こんな感じでたったの5㎞したが、自分としては収穫の多い試乗となりました。
    たまには新しいバイクに乗るというのも大事ですね。
    シートの表皮なんかは真面目に研究してみたいと思いました。


    IMG_20221103_121635.jpg

    IMG_20221103_121702.jpg


    この試乗の後で水戸名物の試食もしたのですが、その話はまた別の記事で。


    とりあえずこんな感じということで。




    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村

    V11 Motoguzzi社創立101周年 勝手に記念ツーリング SSTRのエッセンスを添えて

    どうもこんばんは。


    去年、つまり2021年はMotoguzzi社創立100周年という節目の年でした。
    せっかく100年というタイミングに当たったのでこれにかこつけてちょっと長距離のツーリングしたいと思っていました。
    結局、昨年はタイミングを逃し、今年は行きたいなぁと思っていたものの既に10月も後半。
    欲を言えば週末+2~3日くらいのレベルで山陰地方とか行ってみたかったのですがそんな時間は取れそうもありません。
    贅沢は言わずに、あまり寒くなる前のこのタイミングで行ける範囲で出かけてみることにしました。


    さて、何処に行く?って話ですが、その前にせっかくなので以前からやろうと思っていた”なんちゃってSSTR”にトライしてみることにしました。
    というと大袈裟ですが、要するに本家のSSTRのコンセプトを使わせてもらいましょう、ってだけの話です…

    本家のSSTRは朝、太平洋側もしくは瀬戸内海などの日本の東側の沿岸を日の出とともにスタートし、日が沈むまでにゴールである石川県の千里浜なぎさドライブウエイを目指して走るというイベントです。今年で10年くらい続いているようです。
    最近は何千台のレベルで参加枠が設定されるほどの人気のイベントみたいですね。

    話を戻すと、別宅から千里浜までは500㎞を超えます。
    今回は日程諸々の都合で土曜日の日帰りが目標です。
    さすがに千里浜日帰りは少し遠い気がしたので、もうチョイ近いところで目的地を探して、山形県の酒田市とか由利本荘市あたりを目指すことにしました。
    ちなみに酒田市で390㎞、由利本荘市は430㎞とかの距離です。
    どちらもきれいな夕日を見られることは間違いない場所なので今回の目的地としてはなんの問題もないですね。
    問題は400㎞だと夕日よりだいぶ速い時間に到着しそうなことです。
    仕方ないので少なくとも往路は高速を使わずにのんびり下道を使って向かう感じですね。
    これ以上遠くを目指すと夕日を見た後の帰りが大変になりそうなので、このあたりがいいところかと。

    まとめると朝、太平洋側の茨城の別宅をスタート、酒田市あたりで日本海に沈む夕日を眺めて、そのまま帰宅するツーリングということになります。
    こんな立派な計画が出来た時点で勝ったも同然、楽しむしかないでしょう。


    土曜日、6時前に出発します。天気予報では快晴のはずだったのに…
    IMG_20221022_054910.jpg

    途中で走行距離55555.5㎞に到達。
    IMG_20221022_070136.jpg


    9時半頃には磐梯吾妻スカイライン近くの道の駅つちゆに着いちゃいました。
    ちょっと冷たい空気が気持ちよい感じ。
    それにしも神奈川からだと磐梯吾妻スカイラインなんて結構通りイメージですが、別宅からなら近いんだなぁと実感。
    こういう時は単身赴任の恩恵を感じます。
    IMG_20221022_093526.jpg

    IMG_20221022_094137.jpg

    実はこの時「このままスカイライン走って帰ればいいじゃん」とも思いましたが、気を取り直して先に進みます。
    途中給油したりしながら走り続けていると、いつも通りなのかたまたまなのか道路はガラガラに空いていて、たいして急いでるわけではないのにどんどん進んでしまいます。
    R287沿いの道の駅白鷹ヤナ公園公園という所で休憩。
    道の駅のすぐ横が信濃川でヤナがあって鮎がたくさん取れるところのようです。
    時間調整も兼ねてここで昼食にすることにしました。
    せっかくなので鮎のから揚げ丼と芋煮を食べてゆっくり休んでから再出発しました。
    IMG_20221022_120610.jpg


    寒河江ダムという所で写真を撮ります。
    肉眼で見るきれいな景色だったんですよ。相変わらず写真だと全く伝わりません(笑)
    IMG_20221022_133059.jpg


    更に走ってR112で湯殿山、月山の辺りをかすめていきます。
    この道は昔乗っていたドカティのSS900で今回とは逆方向、東北自動車道方面に向かって走ったことがあります。
    しかも今回とほぼ同時期の10月16日とかの話です。
    青森、秋田をあちこち回って最後は鳥海山走った後で、神奈川に戻るっていう状況でした。
    何故、日付まで覚えているのか?
    実はその後、東北自動車道を快調に走っていたSSは福島の手前で突然エンジン壊れて息絶えてしまったという強烈な出来事があったからです。
    そんな訳でここは個人的にとても記憶に残っている道だったりします。
    SSで最後に走った道をその後乗り換えたV11で走るっていうの感慨深いものがありましたね。
    もう20年も前の話ですわ(笑)。


    さて、その月山の周辺は紅葉していました。ただ、これがピークなのかこれからなのか…どうなんでしょう?
    紅葉としてはちょっと薄味な印象は否めませんでした。
    そんなことよりも気になるの空がすっかり雲に覆われしまったこと。
    終日晴れだと思っていたのに夕日どころか雨が降りそうです。
    IMG_20221022_134513.jpg


    心配は的中し、月山のトンネルを過ぎたところから雨が降り出してしまいました。
    それも真夏の夕立レベルの粒のデカい雨がガンガン降りだしてきてもうがっかり。
    すっかりやる気をなくした状態で酒田市内のコンビニで休憩です。
    この時点でまだ3時半頃だったと思います。
    時間は早いのですが、由利本荘まで足を延ばす案は早々に放棄して、このまま帰るつもりになっていました。
    ただ、せっかくここまで来たので、最後に最上川の河口あたりで証拠の写真撮るだけはしておこうと思いなおしました。
    IMG_20221022_154459.jpg


    しばらく市内をさまよって見つけたのが最上川の右岸のほぼ河口付近のこの場所です。
    一般車入れるの?って感じの場所でしたが、特に柵などもなくて、釣り人もいたので大丈夫な場所みたいです。
    ここでメチャメチャ綺麗な景色を見ることが出来ました。
    冗談抜きでここ何年間かのツーリングで見てきた中でベストって感じでしたよ。

    エンジン切ってバイクを降りると雨粒混じりの風がビュービュー音を立てながら吹きつけてきます。
    沖の雲の切れ間からオレンジ色の光が差し込んでいて、そのコントラストが最高にきれいでした。
    晴れていればちょうど空がオレンジになるくらいの時間だったようで、図らずもリアルSSTRってレベルの景色でした。
    いや、並のSSTRよりもドラマチックな景色じゃないかと思える程でした。


    ホント、暫く見惚れていました。
    やはりリアルに自分の目で見る景色というのは価値がある気がします。
    いろいろ走り回るのってこういうことですよね。
    バイク治ってよかったよ。ホントに。

    写真は相変わらずです。申し訳ないです。
    IMG_20221022_161805.jpg

    IMG_20221022_161942.jpg

    IMG_20221022_161845.jpg


    この後帰路についたのですがここからが大変でした。
    最少は少し海沿いを南下して新潟県の村上辺りから茨城に戻るつもりでしたが、Googleナビに一杯食わされてきた道を戻ることになってしまいました。
    その帰り道がまたエライ豪雨で「なんの罰ゲーム?」って聞きたくなるほど雨。
    過去、どんな雨でも浸水しなかったガエルネのブーツが今回ばかりは内側に少し水はしみ込んできてしまうレベルの雨でした。
    R112とかR13、R4と走り継いで茨城に向かいましたが、結局雨は郡山すぎるまでパラパラと降り続いてましたね。
    月山を過ぎて着たカッパは茨城に入るまで着続けるハメになりました。
    最後は別宅の近所の牛丼チェーン店で遅い晩御飯を食べて終了。
    帰宅は深夜1時前。
    そして、思惑通り、翌日はKSRの冷却水を交換やフロントブレーキ周りのメンテなどをこなし、その他ドロドロになったV11を掃除したりしてました。


    結局、終わってみれば朝6時前から深夜1時前まで下道オンリーで走行、走行距離は780㎞程でした。
    もし、気温が低かったら日帰りは無理かなぁと思っていたのですが、この点はとても暖かくて助かりました。
    朝も日が落ちてからもずっと11~12℃で、これは有難かったです。
    もし、5℃を切るようならこんな距離を日帰りで走るのは厳しかったかもしれませんね。

    それにしても水曜日か木曜日に思い立って、土曜日に日帰りで780㎞走るなんてことが出来たので結構満足度高かったです。
    景色がすごかったのも大きいですが、自分がまだまだフットワーク軽くバイクに乗れるってことが分かったので中々印象的なツーリングになりました。
    是非、また走りに行きたいものです。
    冬の前にもう一日くらい走れるかな。


    とりあえずこんな感じということで。

    IMG_20221023_004216.jpg



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村

    V11 群馬ツーリング

    どうもこんばんは。


    今回は久しぶりにV11のツーリングネタです。

    土曜日、AM6:00起床。
    ちょっと雲が多いものの、寒くもなく暑くもなくいい感じのツーリング日和になりそうです。

    今回は以前からなぜか中々辿り着けなかった目的地3選、群馬県のめがね橋、四万温泉、法師温泉を制覇しに行くことにしました。
    ホントは一泊で秋田あたりまで行くつもりだったのです。
    ところが、この週末から始まった旅行支援のせいで全然ホテルの空きが見つかりませんでした…


    気を取り直して朝食食べてAM6:45に出発。
    ひとまず180㎞程先の上信越道の松井田妙義ICを目指します。
    上信越道に入ったあたりからいい感じで晴れてきました。

    松井田妙義ICまで一気に走ってR18の旧道に入ります。
    最初の目的地のめがね橋はICからすぐなんですが、その前に道沿いの荻野屋さんで峠の釜めしをいただきます。
    本日2回目の朝食です。
    IMG_20221015_092315.jpg

    めがね橋同様にここも過去何度も素通りしていました。
    今回はのんびり走るつもりなので、たまにはこんなのもいいでしょう。
    味は当然〇でおいしくいただきました。

    すぐにめがね橋に到着。なんでもレンガ200万個使っているらしいです。
    まだAM10:00前ですが、早速目的地を1個クリアしました。
    IMG_20221015_094618.jpg


    この後、R18を長野側まで登って八ッ場ダムを訪問しました。
    今回のコースはこの時の続きでもあります。2020年の10月…もう2年も前か…

    ダムは資料館あったりエレベータで堤体の中を降りていくことが出来るようになってました。
    降りてみましたが、結構な迫力でしたよ。
    IMG_20221015_112338.jpg

    反対側は広い舗装された広いスペースになっていて、絶好のジムカーナ場といった感じでしたが、考えるまでもなくバイクも機材もおろせないですね。

    しばらくぼーっとした後で、次の目的地である四万温泉に向かいます。
    八ッ場ダムからだと1時間ほどの道のりです。
    これは奥四万湖の周回路で撮った写真です。
    一方通行で良い道でしたが、すでに路面は落ち葉に覆われ始めていて少し残念でした。
    IMG_20221015_123915.jpg

    そして有名な積善館です。なんでも千と千尋の神隠しのモデルになった建物らしいです。
    ネットで検索すると夜のいい雰囲気の写真が見つかります。
    ここで入浴料1500円と自分としては比較的高額な特殊浴場立ち寄り温泉を堪能。
    結局1時間近く滞在したのかな?
    ここ何年かV11で出かけるときは時間を惜しんで距離を走るって感じのパターンが多くて、ツーリング中に温泉につかるなどホントに久しぶりでした。
    IMG_20221015_130741.jpg


    次は最後の目的地、法師温泉です。
    ここも四万温泉から1時間ほどで到着。
    ところが日帰り入浴は13:30で受付終了ということで残念ながら温泉には入れませんでした。
    仕方ないので建物の写真だけ撮って終了としました。
    IMG_20221015_153002.jpg


    帰りは月夜野ICから関越道で練馬~環七~目黒通り~第三京浜~保土谷PA~で帰宅。
    走行は553.5㎞で納得の一日でした。
    IMG_20221015_195447.jpg


    今回は別宅から目的のエリアまで高速で移動、目的地に着いてからはのんびり走って、帰りも高速でサクッと帰宅というパターンでした。
    訪問した場所が比較的近いエリアに固まっているおかげで、往復の移動以外は走っている時間と止まっている時間が同じくらいという最近では稀に見るまったりしたツーリングでした。
    ワインディングロードを気持ち悪くなるくらい走り続けるツーリングも大好きですが、これはこれでいいものですね。
    何よりも久しぶりのV11はやっぱり楽しかったです。


    実はウチのV11、ファイナルケースのオイル漏れが完治していなかったのです。
    今シーズン全くと言ってよいほどV11の話題が無かったのはこれが理由。
    前回の記事を書いた時の走行でまたもやオイル漏れ再発。
    先週になって、ようやく何とかなったかなぁ、という状態になったので、やっとツーリングに出掛けられたっていう状況だったのです。


    あまり書くような話じゃないとは思いますが、オイル漏れが何度か修理と再発を繰り返していて、最初に修理を依頼したお店と結構やり合ってました。
    あ、ちなみに東京のいつものバイク屋さんの話ではないし、茨城で応急的に対応してもらったお店の話でもないです。

    長いことバイクに乗ってますが、まあ、こんなに揉めたのは初めて。

    思えば
      ファイルなるケースから漏れたオイルがリアタイヤにかかってしまう
       ↓
      バイク屋さんまで乗っていくのが心配
       ↓
      ファイナルケース単体で修理してくれる
    ってところから関係を初めてしまったのが全ての始まりでしたが、こんなことになるなんて全く予想もしていませんでした。
    正直修理の費用の負担割合も納得いかないことばかり。もう二度と関わりたくない。
    と、言ってもまだ完治したと確信持ててるわけじゃなくて、もう少し様子見ないといけないとは思ってますが。
    前回は修理から200㎞と持たずに漏れ出していたので、少しは希望が持てる気がしていますが…

    今回はよい勉強をしたと思って嫌なことは早く忘れるようにするしかないすね。
    ただ、Guzziは壊れないとかシャフトドライブはメンテコストが安いなんて簡単には言えなくなってしまいました。
    っていうか、壊されたりぼられたりしないように気をつけろって言わないとダメな気がしてます。
    まあ、壊すつもりもぼるつもりも無かったとは思いますが、こちらとしてはそういいたくなるレベルの出来事でした。

    とりあえずこんな感じということで…
    気を取り直して紅葉シーズンを楽しみます。

    IMG_20221015_210710.jpg



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村


    V11 オイルとオイルフィルタ交換

    どうもこんばんは。


    久々V11ネタです。
    色々あってあまり走っていなかったので、随分オイル交換を引っ張ってしまいました。
    ホントはもっと早くやりたかったし、オイルも買ってあったんですけどね。

    で、この前の土曜日、自宅で作業開始です。
    早速ドレンから抜きます。
    IMG_20220903_154506.jpg

    いつも通り、触ってもよく分かりません。
    IMG_20220903_162527.jpg


    オイルはいつものMotulを2.8lほどぶち込んで終了。
    なんですが、このゲージってかなり使いにくくないですか?
    オイル投入して、アイドリング、その後ゲージを抜いて付着したオイルを拭き取ってから再度差し込んでレベルを見るのですが、エンジン切った直後はクランクケース内でオイルがボタボタ滴っているみたいでゲージにオイルが付いてしまうので全然レベルがわからないんですよね。
    IMG_20220903_170702.jpg

    まあ、エンジン停止から5分待てばよいのですけどね。
    もう一つ使いにくいのは割とアッパーレベル近くまでオイルが付着することが多い気がします。
    ゲージをクランクケースにねじ込んでいくので、ゲージの先端が油面に対して斜めに回転しながら入っていく感じなんですよね。
    ゲージの先端でオイルをかき回す感じで、油面も盛り上がったりしてるんですかね?
    どなたか上手く使い方を教えてほしいです。
    普通の点検窓の方が分かりやすい気がしますね。
    IMG_20220903_170545.jpg

    エンジンオイル、オイルフィルタ交換
    54220.5㎞ Motul 300V 15W-50 約2.8l


    今回オイルフィルタも交換したんだけど、この分かりにくいゲージで頑張ってレベル見ながら入れたオイルが2.8l程度でした。
    前回、フィルタ交換なしで2.7l程使っているので、今回は3l弱は使うかな?と思っていたのですが、予想よりちょっと少なくて大丈夫なのか心配になってしまいました。
    3lの根拠はオイルフィルタの容積が250㏄位だから。
    結局、翌日、改めてオイルレベルを確認したんだけど、まあ、少なすぎるってことはないようだったのでそのままにしておきましたw
    この程度は誤差なのかな?





    無事にオイルとフィルタの交換を終えて日曜日の夜、別宅へ移動。
    今年の夏はほとんど走れていないのでツーリングっぽく辰巳PAで休憩してみました。
    相変わらず気合が入った車が多いですね。
    缶コーヒー飲みながら少しぼんやりと眺めてました。
    IMG_20220904_194412.jpg


    それにしても夏が終わるな。
    秋は少しは走れるよう頑張ろう。


    とりあえずこんな感じということで。


    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村