V11 小ネタ集4

    どうもこんばんは。


    久しぶりにネタ追加です。

    今回のお題は「セルボタンを押すと15Aのヒューズが飛んでしまう」という現象とその対策の話です。
    最近Twitterでそんな話題が流れているのを見てそう言えば記事にしていなかったな、と。


    話は少しそれますが、V11系の情報ってネットで検索してもあまり見つからないんですよね…
    V11はいくつかのバリエーションモデルがあって全体で何台輸入されたかはわかりません。
    ただRosso Corsa/Nero Corsaについてはそれぞれ101台、46台が輸入されたらしいです。
    随分前の福田モーター商会のブログ記事で見たもので、まあ、そこそこ信頼できそうな気がしています。当時の輸入元なので。
    その記事にはこの台数でもMotoguzziとしては多いということが書いてあった気がします。

    ま、20年前の150台だからね~ 今時点でどの程度生存しているかもわからないし…
    要するに単にマイナーなだけ、ネットに情報が少なくても仕方ないってことなんでしょうけど…


    で、そんな状況でもたまに目にするのが時々セルが回らなくなるという話。
    この現象ってたぶんV11系のGuzziの持病の一つなんじゃないかな、と思っています。
    少なくともRosso CorsaとNero Corsaは同じ回路/部品で、キャタライザーの無いV11もセル周りの回路は同じようですし、もしかすると同じECUを使っているCaliforniaとかも同じかも。(←これは勝手な推測)


    何を隠そうワタクシのV11でも時々現象出ていました。
    実際、出先でセルボタン押しても無反応だと結構焦ります。
    こんな時はハンドルを左右に切ったりクラッチ握る/放すを繰り返したり、要するにスイッチやコネクタの接触不良が解消することを祈って刺激を与えてから再度セルボタンを押すなんてことをしていました。

    後はこんな感じでセルボタンをメンテしたり。
    V11 電気系統トラブル3連発


    何度かこんなことを繰り返していましたが、いつだったかちょっと面倒なことが起こりました。
    セルボタンを押すと15Aのヒューズが溶断しちゃうという謎な現象が起こるようになってしまったのです。
    1回目はヒューズを交換して様子を見ることにしたのですが、程なくして2回目、3回目が発生。
    真面目に対策することにしました。


    セルモータはエンジンの左下に装着されているのですが、モータを回すためのリレーが内蔵されています。
    そしてセルボタンを押すとセルモータのリレーに12Vが供給されてモータが起動するのですが、配線図でこのリレーに給電するラインをさかのぼっていくと15Aのヒューズにたどり着きます。
    この現象が発生する時はセルボタンを押した瞬間にヒューズに15A以上の電流が流れ、ヒューズが溶断していると推定できます。
    推定と言っても、まあ、事実でしょう。証拠はないけど。
    実際に溶断しているので。

    ただ、そんなに電流流れているのにセルモータのリレーが反応しない理由はわかりませんし、リレー自体が壊れないのもちょっと不思議。
    リレーではなく別の経路(例えばどこかがGNDにショートしていて)に電流流れているのかもしれませんが、上手く説明できるような仮説も思い浮かびません。
    ちゃんとした原因まで調査しきれていませんがバッテリ~ヒューズ~セルモータ間にはメインスイッチ/クラッチのスイッチやコネクタ類があります。
    これらの抵抗が影響しているのと考えるのが妥当と思われたので、ここにリレーを追加することにしました。


    KSRにも使ったこのエーモンリレーを使っています。
    このリレーは下半分の赤/黄/青/黒の線が出ている部分はコネクタになっていて本体から分離できます。
    本体側は平型端子が4つ並んでいるので、それぞれに直接端子を接続することが可能です。
    IMG_20220605_120615 (2)


    接続は以下の通り。
    リレー青線 : セルモータに茶-黒の線が接続されているので、これを外して直接つなぐ
             この線がセルボタンから来ているので、リレーのON/OFF用として使用
             平型端子なので無加工で接続可能
    リレー黒線 : GND(バッテリーの-端子)に接続
    リレー赤線 : バッテリーの+端子に接続
    リレー黄線 : セルの茶-黒線がつながっていた端子と直結する

    分かりにくいですがフューズボックスのあたりにエーモンリレーを取り付けています。
    この位置であれば茶-黒線は継ぎ足しなど不要で無加工で接続可能です。
    IMG_20220619_152203 (2)


    多分取り付けてから3~4年経っていますが、今のところ15Aのヒューズ切れる現象は発生していませんし、セルボタンを押しても無反応って現象も発生していません。
    ただ・・・エーモンリレーが1回壊れました(爆)
    やっぱり何かおかしいのかもしれませんが、様子見を続けてる感じです。


    一応この構成としておけばエーモンリレーが壊れてもセルのリレーにつながっている線(エーモンリレーの黄色線)とバッテリの+端子をショートさせるとセルでエンジン掛けることが出来ます。
    (もちろんメインスイッチはオン、ギヤはニュートラルで)
    こんな感じのショートクリップを車載しておくといざという時に簡単にショートできるのでおススメです。
    IMG_20220619_152317 (2)

    体力的にはごくごく平凡なので、V11の押し掛けなんてほぼ無理。
    セルが調子悪いと出先でも不安なのでこの対策はやっておいた方がよい気がします。


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村



    V11 春の房総ツーリング

    どうもこんばんは。


    なかなかタイムリーな更新ができません(笑)。
    今回はちょっと前に房総半島を走った話です。
    別宅からのツーリングというと日光やら会津あたりが定番と化しています。
    ただ、今回はまだちょっと寒そうなのと路面の凍結とか塩カルのことなども考えて房総半島を走ってみることにしました。


    ”ちょっと前”っていつよ?ってことですが、4月2日の土曜日のことです。
    この日は天気はそこそこ良いものの、この時期としては気温低めの予報が出ていました。
    今回のツーリングの目的は以前何かの雑誌で見たCafe BIG ONEというライダースカフェでデカいハンバーガーを食べることと、後はいすみ鉄道とか小湊鉄道とか房総半島ツーリングでよく出てくる定番どころを適当に回って見るって感じです。
    名所めぐりは時間のある限りって感じですね。


    朝、天気予報をチェックすると最高気温10℃の予報。
    寒そうな感じだったので冬装備で出発しました。

    延々と下道を走って12時半過ぎ?Cafe BIG ONEに到着。
    IMG_20220402_123720.jpg

    バイクを止めているそばからお店の人が近寄ってきていろいろと説明をしてくれます。
    おススメのビッグワンバーガーはの残り2個らしいです。
    そんなこと言われるともうメニュー見る前から「それにします」ってことになってしまいます。自分の場合。

    これがビックワンバーガー。
    肉たっぷりでメチャウマでした。
    IMG_20220402_124713.jpg

    ちょっとアレな話になりますけどが、これとポテトと飲み物のセットで2508円でした。
    内容を考えると十分満足、むしろコスパいいかな。
    普段、昼食は社員食堂で350円のうどん食べたりしている身からすればもう超高級ランチでした。
    たまにはこんな贅沢も良いものです。
    Cafe BIG ONEは海岸から少し内陸に入った山の中にあるのですが、途中、満開の桜の下で咲いている菜の花を見ることが出来て、これぞ房総って感じで良かったです。

    腹パンパンで午後の部に出発します。
    目的地は燈篭坂大師の切通しトンネルです。


    しばらく走っていると車がぎっしり止まっているところがあって、様子をうかがってみると小湊鉄道の月崎という駅でした。
    皆さん、鉄道と桜と菜の花を写真に収めようとスタンバイしているようです。
    毎度のことでもはや説明する必要もないかもしれませんが、写真はいまいちですが肉眼で見た景色はこれより何倍もいい感じです。
    IMG_20220402_133039.jpg

    IMG_20220402_133237.jpg

    時刻表を見ると次の列車の到着までまだ20分ほどあります。
    鉄道好きな人なら当然待つのでしょうが、自分の場合はもう満足。
    列車は待たずに出発しました。


    切通りトンネルに到着。
    ここも有名な場所でいろいろなところで写真を目にしますね。
    IMG_20220402_143503.jpg


    到着した時、2組ほど先客がいらっしゃいまして、道端で何やら相談中の様子でした。
    4人組の人々はお仲間さんとインカムで話しながら動画の撮影をやっている様子。
    聞くつもりもないんですが、聞こえてくる話声からするとトンネルを走り抜けるシーンを動画に収めたいようです。
    動画チームが去った後、別の2人組の人がいたのですが、ちょっとだけ割って入って写真1枚だけ撮らせてもらいました。
    結果、トンネルの入口がまともに映っていないという写真になりました(笑)
    IMG_20220402_143914.jpg


    バイクを移動すると待機していた2人組がトンネルの手前にバイクをおいてカメラ位置を探り始めました。
    こちらは地図を見ながら横目でチラチラ見ていたのですが、バイクの位置を微調整したりしていて結構こだわっている様子です。
    インスタやツイッターでいいねを獲得するのは大変なんだろうなぁ。



    続いて向かったのは房総のウユニ塩湖と言われる江川海岸です。
    こんな写真が有名です(写真は拾い物です)。
    o0800060113566499425.jpg

    ただ、この電柱は2019年の台風の後、撤去されてしまったとのことです。
    近くには同じような電柱があるらしく、僕が見たのはそちらのようです。
    IMG_20220402_155738.jpg



    この時点で16:00近くになってきていて、どんどん風が冷たくなってきました。
    当然ここでも夕日を待つなどということはせずにさっさと帰ることにします。


    帰りは高速道路を使うことに決めていました。
    実はこの日から始まった高速道路の「二輪車定率割引」というものを利用するつもりで準備をしていたのです。
    いわゆる高速道路の半額割引です。
    江川海岸のある木更津から常磐道の水戸方面に向かうのはいくつかのルートがありますが、距離、時間的に一番合理的と思われるアクアライン~湾岸線~C2~6号線~常磐道のルートだと割引対象になりません。
    遠回りでその分時間のかかる東関道~圏央道~常磐道のルートだと割引対象となります。
    ちょっと微妙だな~と思いつつ、遠回りルートで割引を受けつつ茨城方面に向かって走ります。


    最後は途中で高速道路を降りてNobhillMotorCafeに寄り道。ちなみに木更津からは100km超で割引条件をクリアします。
    到着するころには日もとっぷり暮れて激寒でした。
    ここまで寒くなると思っておらず、追加で着る服を準備してこなかったことを後悔するほど寒かったです。
    IMG_20220402_191807.jpg

    写真には写ってないけど温かいスープと食事で復活。
    この後は下道で別宅まで戻りました。
    途中、路肩の温度計は4℃って表示されてました…


    とりあえず、春の房総ツーリングは無事に終了。
    考えてみればこの時期房総半島を走ったことってなかったような気がします。
    満開の桜と菜の花のコラボというのはかなりのインパクトでみんなが房総半島に行く理由がよくわかりました。
    せっかくなので自分ももう少し写真の撮り方を研究してみようかなと思わせる風景でしたね。

    高速道路の割引はやっぱりちょっと微妙かなというのが正直な感想ですね。
    このあたりは気が向いたらう使い方とか割引率とか調べたことを記事にするかもしれません。
    そもそもバイクならこんな面倒なことをせずに全体の料金をサクッと下げてくれればいいと思うんですけどね。


    とりあえずこんな感じということで。

    IMG_20220402_211256.jpg



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村



    V11 フロントブレーキパッド交換と少し走った話

    どうもこんばんは。


    今回はブレーキパッド交換の作業記録と近場を少し走った話です。
    時系列的には前回の記事よりも前の話ですが、フロントブレーキのパッドを交換しました。

    フロントのブレーキパッドを交換するのはこの時以来で、なんとほぼ9年も前の話で自分でも半分呆れてしまいました…
    当時の走行距離は13300㎞、今回の走行距離はだいたい52500㎞なので、ほぼ40000㎞も使ったことになります。
    途中から高速道路の移動中心の運用に変わったとはいえ、こんなに長い間使っていたのね…


    こちらが使っていたメタリカのパッド。
    IMG_20220320_114745a.jpg

    摩材はまだ2㎜あるのでもう少し使えると思いますが、さすがに交換。
    それにしても40000㎞って尋常じゃない距離ですね。
    ブレーキ握れば止まると思っていましたが、もしかしたら賞味期限切れで効きも悪くなってるとかあるのかしら?

    IMG_20220320_114754a.jpg

    IMG_20220320_114927a.jpg


    こちらが交換したパッドで、今回はZCOOにしました。
    TypeCではなく普通のヤツです。
    ZCOOってカタカナでズィクーって書いてあったりジクーだったりするような気がするけど漢字で”時空”って当ててるということを初めて知りました。
    10年単位で使う自分としてはそれこそ時空を超えて使い続けられそうで期待ができそうです。
    新品の摩材の厚さは4.2㎜でした。
    IMG_20220320_113531a.jpg

    IMG_20220320_115021.jpg

    IMG_20220320_115038.jpg




    ここまでが3月最後の週末の話で、HAWK11のこととか考えながら別宅に戻ってきたというのが前回の記事でした。




    そして3月の終わりに有給休暇を取って少しだけ走ってきました。


    朝ごはん食べてフラッと走り出してなんとなく海沿いの国道に出てそのまま南下。
    「そうだ、佐原にでも行ってみよう・・・」
    時々バイク雑誌で記事になりますが、これまで訪問したことはありませんでした。
    近場でいつでも行ける場所だし絶景の道ってわけでもないのでね、積極的に行くって感じでもなかったのです。



    飛騨高山とか奈良井宿、大内宿なんかと比べるとコンパクトな感じかな。
    川と古い和風との建物はよく合いますね。
    IMG_20220330_105047.jpg


    現地の観光案内の掲示板で伊能忠敬さんの記念館があるという情報をゲット。
    なんでも佐原の出身だそうです。知りませんでした。
    せっかくなので大人500円の入館料を払って見学してみることにしました。まあ、特に予定もなくて時間はあるので。
    IMG_20220330_105929.jpg


    50歳超えて江戸に出で自分より一回り以上も若い先生の弟子になって天文学を勉強したんだそうです。
    53歳から全国の測量初めて71歳まで続けたらしいです。
    すごいなぁ。好奇心とか体力とか実行力とかホントすごい。
    73歳で亡くなった後、弟子の人たちによって3年後に日本の全図が完成したとのこと。
    展示スペースとしてはそんなに広くはないですが、資料は国宝に指定されているものもあったりしてなかなか見応えがありました。


    駐車場で缶コーヒーを飲みながら次の目的地を考えます。
    で、Googleさんに道案内を頼んで、ここ↓に来ました。
    IMG_20220330_132243.jpg

    成田空港の近くの航空科学博物館です。
    700円払って入場。まあ、特に予定もなくて時間はあるので。

    周りは小学生くらいの子供とその親ばかりで、いい年のおっさんが一人で入場してるのは自分だけ。
    ここは旅客機のフライトシミュレータが有名で子供たちに人気らしいのですが、この日は待ち時間はほとんどなかったようです。
    実は割と飛行機好きでフライトシミュレータトライする迷ったのですが、さすがに恥ずかしかったのでやめにしました。
    あと全然知らなかったのですが、ゼロ戦のコクピットの実物大模型が展示されているんですね。
    通常は座席に座ることができるようです。
    現在はコロナのため休止となっていたのが残念でした。


    最後は近くの飛行機の丘という所で飛行機を眺めて終了。


    IMG_20220330_131101.jpg

    IMG_20220330_131115.jpg


    たまにはこんなのも悪くないですね。
    走行距離は少ないものの、満足度は中々高かったです。


    ジクーのパッドについては今のところメタリカとの違いがいまいちよくわかりません(汗)
    メタリカはガツンと効くタイプでジクーはジワ~っと効くというインプレをよく目にするんですけど…
    効き自体は評判どおりとても強力だと思います。
    もう少し使ってみて何かあればインプレ書くかもしれません。

    フロントブレーキ パッド交換 52552㎞


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村


    V11 HAWK11ってなんじゃろ?

    どうもこんばんは。


    先週末は久しぶりに神奈川の自宅に帰宅、日曜日にV11で茨城の別宅に戻ってきました。
    バイクの方は車検モードから通常モードへの変更と先送りにしていたフロントブレーキのブレーキパッドを交換。
    遅ればせながらシーズンインの準備ができました。

    ついでに自宅から徒歩2分の公園で花見。
    IMG_20220327_160259.jpg

    ほぼ満開でした。
    考えてみると自宅近所の桜を見るのは2年ぶりな気がします。
    今年の冬は寒かったけど、結局3月中に満開ですね。自分が子供のころは桜って4月1週目の入学式のころに満開になるものでしたが、最近はすっかり卒業式の花になってしまいました。
    それだけ温暖化が進んでいるんだなぁということを実感します。



    ところで最近ホンダがHAWK11なるバイクを発表しました。
    ちょっと前に予告記事的なもので知ってから「お?」って感じでした。
    公開された写真を見るとこんなミラーのバイク発売するの?もしかして市販車は違う?とか、リア周りの寸法なんかは今時のバイクって感じよねって思うのですが、何よりもフロントカウルの感じがV11(のLemansね)にそっくりなのが気になります。

    ホーク11_2
    ホーク11_1


    これってV11の新型?コピー?って感じで親近感なのか優越感なのかはたまたマネされたのかヤラレタのかますます気になってきます。

    同じような角度から撮った写真が見つからないんですが、V11はこんな感じ。
    やっぱりリア周りまで含めた全体のバランスはV11のほうがカッコいいと思うけどね。
    こればかりは人それぞれだろうけどね。
    IMG_20200812_131505.jpg



    昔はバイク雑誌を隅から隅まで読み倒して、広告の6ptくらいのフォントで印刷されたスペックまでもあらかた目を通していたんですよ。
    でもだんだんいい年になるにつれて新型とか出てもサラッと眺めるくらいになってるんですが、今回はどうもね・・・
    もうたまらずホンダのサイト見てしまいました。


    以下ニュースリリースより。
    フォント色、サイズの変更はこちらで行ってます。


    ~引用開始~

    HAWK 11は、経験豊かなベテランライダーを中心としたお客様に、新たな価値観と充実したバイクライフを提案する日本市場向けの大型モーターサイクルです。
     パワーユニットには、6速マニュアルトランスミッションの水冷・4ストローク・OHC・直列2気筒1,082cm3エンジンを採用。低速から豊かで幅広く使えるトルクと高回転までスムーズに回る特性に加え、スポーツモデルらしいダイレクトなスロットルレスポンスに寄与するスロットルバイワイヤシステムや、走行状況や好みに合わせてあらかじめ設定された出力特性を選択できるライディングモードなど、ライディングをサポートする先進の電子制御技術を搭載しています。
     車体は、セミダブルクレードルフレームに前後17インチホイールを組み合わせ、軽快なハンドリングに寄与するキャスター角を設定。サイレンサーの位置を上方に配置しバンク角を確保しながら、セパレートハンドルによる前傾姿勢のライディングポジションとすることで、ワインディング走行を楽しめるディメンションとしています。
     スタイリングは、走りの楽しみを忘れない大人のバイクであることの象徴として、一体成型FRP製のロケットカウルを装備。ワインディングの景色が一層美しく映り込む、大きく緩やかな曲面は、走行時のみならず「走り終えた充足感」までも重視した仕上がりを目指しました。ライダーの収まりの良いシルエットは、ボディー前後方向にわたる水平方向のラインと、タンクとシートを分ける垂直方向のラインとの交差を基調としたパーツ構成で成り立たせています。
     エンジンの鼓動と排気音を存分に感じながら軽快な走りを楽しむ、スペックのみにとらわれないスポーツバイクの楽しさや味わい深さを、このHAWK 11で提供いたします。

    ~引用終了~


    ちょっと待て。
    これってV11のことでしょ。

    ”先進の電子制御技術”が無いだけで、残りは全部揃ってますよ、ホンダさん。2003年式ですけどね。
     ここをを目指して基本整備と仕様変更を繰り返してるのですよ、こっちは。”

    と思わず小声で突っ込んでましたw
    まあ、そんなことは天下のホンダさん的には知ったことではないことは百も承知ですが、なんだか対抗意識が芽生えてきてしまいました。

    なんか試乗車探したいなぁって感じです。
    というか絶対試乗したくなりました。



    そして日曜日。
    V11で18:00過ぎに自宅を出発。いつも通りの別宅までの200㎞弱の移動です。
    車検以来まともに乗るのは初めてですが、もう快調そのもの。
    街乗りも高速道路もエンジンはスムーズに反応するし、サスペンションの動きも舵角のつき方も気になるとこはなくて何も考えずに運転できます。

    湾岸線の葛西JCTから中央環状線に入ります。
    ここは大きな左90°のカーブでカーブの後半下りながら曲がっていくというシチュエーションになってます。
    アプローチで下半身のホールドを確認、上半身は腹筋に力を入れながらスロットルを少し戻してエンブレで減速。
    上半身を少し低く沈めながらゆる~くリーンイン、車体が傾いて曲り始めるタイミングでスロットルを当てていきます。
    後はスロットルを開けていけばスイ~っと曲がりながら何事もなく車体が起き上がってきます。

    流れに乗って走っている程度ではもう本当に平和な世界しかありません。
    スロットルを戻した時のエンジンブレーキのかかり方、車体を傾けたときの挙動、加速時のエンジンの反応とかホントに自然で全く文句がありません。
    サーキットとかでは当然違うと思いますが、ここからさらに良くしようと思ったら運転手の経験値とか技量を上げないダメという感じまで来てるかな。

    手前味噌で自画自賛の親バカモード全開なのでそこは話半分に聞き流してもらえばいいんです。
    要するに個人的には現状のV11はほぼベストで十分満足しているってこと。
    そしてホンダの新型ってヤツの実力を見せてもらいたくなってるということです。


    やっぱり試乗車かレンタルバイク探そうと思いながら常磐道を走って戻ってきました。
    優越感に浸れるのか、打ちのめされて涙で枕を濡らすのか?いつの日か白黒つけたいと思っています。
    でもなー・・・世界のホンダが相手ではちょっと分が悪そうですねぇ・・・


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村

    V11 車検完了

    どうもこんばんは。
    そして新年あけましておめでとうございます。


    思いのほか早くV11の車検が終わったという連絡を受けて急遽引き取ってきました。
    既に別の予定を組んでいたのですが、約束の時間を後ろ倒しにしてもらってバイク屋さんへ。
    再び感染者が激増しているので行けるうちに行っておかないとね。

    お店が開く時間に合わせて到着、お金を払ってすぐに出発。
    整備の方は特に問題はなかったとのことで一安心。
    失くしたFブレーキのリザーバータンクのキャップのボルトは合うやつを見繕って取り付けてくれたとのこと。
    いつもすんません。


    帰りは下道で渋滞ってほどでもないけど10~30㎞/hくらいの加減速を繰り返す状況があったのだけど、これがまたかなり運転し難い。
    やっぱり燃調って重要です。

    gasさんのブログで第三京浜の保土谷PAが何やら変わったらしいということだったので寄り道してみました。
    なんとまぁ、こんなことになってました。
    これからは”集会は松屋の駐車場で“、ってことになるんですな。
    IMG_20220115_121015.jpg

    第三京浜ってNEXCO東日本の管轄だと思うけど、レストランとか売店とか本業ではないところはアウトソースしてサービス上げる、自分たちは道路の管理ちゃんとやって料金下げるような努力をする、とかならいいんじゃないですかね。
    これも時代の流れかな。


    アオリのアングルで1枚。
    IMG_20220115_120840.jpg


    2年間の路上生活の権利を獲得しました。
    IMG_20220115_120912.jpg

    写真を撮ってすぐに退散。
    車検モードから通常モードへの移行作業はまた今度です。

    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村