V11 入手して20年目 いろいろ目論んでいる件

    どうもこんばんは。


    今年の12月でV11に乗り出して丸20年になります。
    改めて考えると20年ってすごいですね。オリンピック5回分です。
    まあ、自分でもちょっと信じられません。

    エンジン本体なんかを大きく弄るような改造はしていませんが基本的なメンテナンスとか調整、多少の改造でそれなりに好調を維持しています。
    大きな整備は冬の間にやることが多くて、例にならって今年の冬も少し手を入れたいと思っています。
    と、言うことでこの冬の作業についてイメトレを始めていて今回はそんな話。
    もちろん、いつも通りオチはないです。
    このブログは個人的な活動の記録なので。



    やりたいことリストの最初はステムベアリングの交換。
    前回のグリスアップからかなり時間もたっているので今回こそ交換する予定。
    これまで何度かグリスアップはしていますが、開ける度にベアリングのレースの黒いスジが増えているのが気になってました。
    バイク屋さんには指で触って摩耗の感触がなければ大丈夫だろうと言われていますが…

    過去、何度か交換しようと思ったのですが、ここまで引っ張っていたのはせっかくならアンギュラコンタクトのベアリングにしてみたかったからです。
    V11のステムベアリングはテーパーローラーベアリングでサイズ的には上下共通の外径52㎜、内径25㎜、組み立て状態の厚さが16.25㎜というものになります。
    使用できるアンギュラコンタクトベアリングを探していろいろなバイクのステムベアリングのサイズを調べていたのですが、合いそうなものが見つかりませんでした。
    唯一見つけたのが7205という型番のベアリング。
    これは内径25㎜、外径52㎜、厚さ15㎜ということでもしかしたら使えるかも?って思って購入してみたのですが…

    IMG_20230122_124014.jpg

    IMG_20230122_123915.jpg

    こういうやつを期待していたのですが、届いたものは非分解のフツーのボールベアリングっぽいやつでした。
    67165542.jpg

    ま、仕方ないので素直にテーパーローラーベアリングで行きます。
    NTNの4T-30205という型番です。(合っているはず・・・)
    IMG_20230122_123704.jpg

    ちなみに1200SPORTとかGRISOなんかのV11以降の機種もテーパーローラーみたいなので、モトグッチはアンギュラコンタクトは嫌いなのかもしれませんね。




    やりたいことリストその2はタイミングチェーンの交換。
    モトグッチのタイミングチェーンはそれはそれはお粗末な代物でいろいろなところで良くない評判を聞きます。
    純正品はチェーンにしっかりとテンションかけられなくて、バルブタイミングをちゃんとコントロールできていないみたいです。
    話を聞いた時から変えてみたかったのですが、何しろ面倒そうなんですよね。


    下の図の16がタイミングチェーンでで17が問題のテンショナー。
    これを外すには9のカムシャフトのギアと12のクランクのギア、それから番号ふられていませんがその下のオイルポンプのギアを外さないといけません。エンジン関係のギアなんで固く締まってそう気もします。
    202301232.jpg

    さらにはここにアクセスするのに下の図の15のカバーを開けないといけない訳で、カバーを開けるのも一苦労っぽい。
    202301231.jpg


    うーん、ハードル高そう・・・
    そもそもエンジンを車載のままで作業できるのか?ってことで実車を観察してみました。

    エンジン前側を占拠しているホーンとレギュレータとオイルクーラーを外してスペースを作ります。
    ソケットレンチを当てているところがカムシャフトだと思うのですが、かなり厳しいですねぇ~
    ギリギリでフレームの補強部材にもレギュレータのステーにも当たりませんが、インパクトレンチは使えないかもしれません。
    IMG_20230122_133155.jpg

    カバーを固定するボルトを確認しますが、至る所がカツカツのギリギリでどうにかアクセスできるって感じ。
    もし作業するなら六角レンチの長いソケットを買った方がよいかも。
    IMG_20230122_135641.jpg

    IMG_20230122_135821.jpg

    IMG_20230122_135450.jpg


    さらにこのカバーはフレームにも締結されています。
    下の写真の左下に写っているボルトがフレームとカバーを締結しているボルトです。
    ボルトは抜けばよいとして、カバーとフレームは密着しているだろうからここも大変そうな感じですね。
    フレームを少し広げたりしないとカバーが抜けないかもしれません。
    IMG_20230122_140139.jpg

    さらにさらにカバーにサイドスタンドが固定されているので、カバーを外すとサイドスタンドも使えなくなります。


    よほど作業手順を考えておかないと間違いなくはまるパターンですね。
    ざっと見た感じでは排気管、ガソリンタンク、フォークやFタイヤなど外せるものは外すとして、一番の問題はフレームの補強部材を回避できるか?ですね。
    始めてから車載状態では作業出来ないとなると面倒だし・・・


    やっぱりハードル高そうだなぁ・・・
    その他のやりたいことリストはバルブクリアランス調整、スロットルボディ清掃なんかだけど、これらは特に問題ないでしょう。
    プラグもそろそろ交換時期かな。

    タイミングチェーンテンショナーはどうするか悩むなぁ。
    この2年ほどスッキリしなかかったファイナルケースのオイル漏れは落ち着いたようなのと運転手の賞味期限の問題もありるのでやりたいことはちゃっちゃとやりたいんですよね。
    なんだけど、モトグッチのタイミングチェーンの交換とかネットで探してもほとんど参考になるような情報見つからないんですよねぇ…
    まあ、手に負えそうもなければいつものバイク屋さんに頼んでもいいのかな。


    早く終わらせたい気持ちもあるのだけれども、自分で作業するのであれば弄り壊さないように焦らずしっかり時間をかけるつもり。
    もうちょっと考えます。


    とりあえずこんな感じということで。


    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村


    V11 オイルとオイルフィルタ交換

    どうもこんばんは。


    久々V11ネタです。
    色々あってあまり走っていなかったので、随分オイル交換を引っ張ってしまいました。
    ホントはもっと早くやりたかったし、オイルも買ってあったんですけどね。

    で、この前の土曜日、自宅で作業開始です。
    早速ドレンから抜きます。
    IMG_20220903_154506.jpg

    いつも通り、触ってもよく分かりません。
    IMG_20220903_162527.jpg


    オイルはいつものMotulを2.8lほどぶち込んで終了。
    なんですが、このゲージってかなり使いにくくないですか?
    オイル投入して、アイドリング、その後ゲージを抜いて付着したオイルを拭き取ってから再度差し込んでレベルを見るのですが、エンジン切った直後はクランクケース内でオイルがボタボタ滴っているみたいでゲージにオイルが付いてしまうので全然レベルがわからないんですよね。
    IMG_20220903_170702.jpg

    まあ、エンジン停止から5分待てばよいのですけどね。
    もう一つ使いにくいのは割とアッパーレベル近くまでオイルが付着することが多い気がします。
    ゲージをクランクケースにねじ込んでいくので、ゲージの先端が油面に対して斜めに回転しながら入っていく感じなんですよね。
    ゲージの先端でオイルをかき回す感じで、油面も盛り上がったりしてるんですかね?
    どなたか上手く使い方を教えてほしいです。
    普通の点検窓の方が分かりやすい気がしますね。
    IMG_20220903_170545.jpg

    エンジンオイル、オイルフィルタ交換
    54220.5㎞ Motul 300V 15W-50 約2.8l


    今回オイルフィルタも交換したんだけど、この分かりにくいゲージで頑張ってレベル見ながら入れたオイルが2.8l程度でした。
    前回、フィルタ交換なしで2.7l程使っているので、今回は3l弱は使うかな?と思っていたのですが、予想よりちょっと少なくて大丈夫なのか心配になってしまいました。
    3lの根拠はオイルフィルタの容積が250㏄位だから。
    結局、翌日、改めてオイルレベルを確認したんだけど、まあ、少なすぎるってことはないようだったのでそのままにしておきましたw
    この程度は誤差なのかな?





    無事にオイルとフィルタの交換を終えて日曜日の夜、別宅へ移動。
    今年の夏はほとんど走れていないのでツーリングっぽく辰巳PAで休憩してみました。
    相変わらず気合が入った車が多いですね。
    缶コーヒー飲みながら少しぼんやりと眺めてました。
    IMG_20220904_194412.jpg


    それにしても夏が終わるな。
    秋は少しは走れるよう頑張ろう。


    とりあえずこんな感じということで。


    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村



    V11 小ネタ集4

    どうもこんばんは。


    久しぶりにネタ追加です。

    今回のお題は「セルボタンを押すと15Aのヒューズが飛んでしまう」という現象とその対策の話です。
    最近Twitterでそんな話題が流れているのを見てそう言えば記事にしていなかったな、と。


    話は少しそれますが、V11系の情報ってネットで検索してもあまり見つからないんですよね…
    V11はいくつかのバリエーションモデルがあって全体で何台輸入されたかはわかりません。
    ただRosso Corsa/Nero Corsaについてはそれぞれ101台、46台が輸入されたらしいです。
    随分前の福田モーター商会のブログ記事で見たもので、まあ、そこそこ信頼できそうな気がしています。当時の輸入元なので。
    その記事にはこの台数でもMotoguzziとしては多いということが書いてあった気がします。

    ま、20年前の150台だからね~ 今時点でどの程度生存しているかもわからないし…
    要するに単にマイナーなだけ、ネットに情報が少なくても仕方ないってことなんでしょうけど…


    で、そんな状況でもたまに目にするのが時々セルが回らなくなるという話。
    この現象ってたぶんV11系のGuzziの持病の一つなんじゃないかな、と思っています。
    少なくともRosso CorsaとNero Corsaは同じ回路/部品で、キャタライザーの無いV11もセル周りの回路は同じようですし、もしかすると同じECUを使っているCaliforniaとかも同じかも。(←これは勝手な推測)


    何を隠そうワタクシのV11でも時々現象出ていました。
    実際、出先でセルボタン押しても無反応だと結構焦ります。
    こんな時はハンドルを左右に切ったりクラッチ握る/放すを繰り返したり、要するにスイッチやコネクタの接触不良が解消することを祈って刺激を与えてから再度セルボタンを押すなんてことをしていました。

    後はこんな感じでセルボタンをメンテしたり。
    V11 電気系統トラブル3連発


    何度かこんなことを繰り返していましたが、いつだったかちょっと面倒なことが起こりました。
    セルボタンを押すと15Aのヒューズが溶断しちゃうという謎な現象が起こるようになってしまったのです。
    1回目はヒューズを交換して様子を見ることにしたのですが、程なくして2回目、3回目が発生。
    真面目に対策することにしました。


    セルモータはエンジンの左下に装着されているのですが、モータを回すためのリレーが内蔵されています。
    そしてセルボタンを押すとセルモータのリレーに12Vが供給されてモータが起動するのですが、配線図でこのリレーに給電するラインをさかのぼっていくと15Aのヒューズにたどり着きます。
    この現象が発生する時はセルボタンを押した瞬間にヒューズに15A以上の電流が流れ、ヒューズが溶断していると推定できます。
    推定と言っても、まあ、事実でしょう。証拠はないけど。
    実際に溶断しているので。

    ただ、そんなに電流流れているのにセルモータのリレーが反応しない理由はわかりませんし、リレー自体が壊れないのもちょっと不思議。
    リレーではなく別の経路(例えばどこかがGNDにショートしていて)に電流流れているのかもしれませんが、上手く説明できるような仮説も思い浮かびません。
    ちゃんとした原因まで調査しきれていませんがバッテリ~ヒューズ~セルモータ間にはメインスイッチ/クラッチのスイッチやコネクタ類があります。
    これらの抵抗が影響しているのと考えるのが妥当と思われたので、ここにリレーを追加することにしました。


    KSRにも使ったこのエーモンリレーを使っています。
    このリレーは下半分の赤/黄/青/黒の線が出ている部分はコネクタになっていて本体から分離できます。
    本体側は平型端子が4つ並んでいるので、それぞれに直接端子を接続することが可能です。
    IMG_20220605_120615 (2)


    接続は以下の通り。
    リレー青線 : セルモータに茶-黒の線が接続されているので、これを外して直接つなぐ
             この線がセルボタンから来ているので、リレーのON/OFF用として使用
             平型端子なので無加工で接続可能
    リレー黒線 : GND(バッテリーの-端子)に接続
    リレー赤線 : バッテリーの+端子に接続
    リレー黄線 : セルの茶-黒線がつながっていた端子と直結する

    分かりにくいですがフューズボックスのあたりにエーモンリレーを取り付けています。
    この位置であれば茶-黒線は継ぎ足しなど不要で無加工で接続可能です。
    IMG_20220619_152203 (2)


    多分取り付けてから3~4年経っていますが、今のところ15Aのヒューズ切れる現象は発生していませんし、セルボタンを押しても無反応って現象も発生していません。
    ただ・・・エーモンリレーが1回壊れました(爆)
    やっぱり何かおかしいのかもしれませんが、様子見を続けてる感じです。


    一応この構成としておけばエーモンリレーが壊れてもセルのリレーにつながっている線(エーモンリレーの黄色線)とバッテリの+端子をショートさせるとセルでエンジン掛けることが出来ます。
    (もちろんメインスイッチはオン、ギヤはニュートラルで)
    こんな感じのショートクリップを車載しておくといざという時に簡単にショートできるのでおススメです。
    IMG_20220619_152317 (2)

    体力的にはごくごく平凡なので、V11の押し掛けなんてほぼ無理。
    セルが調子悪いと出先でも不安なのでこの対策はやっておいた方がよい気がします。


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村



    V11 フロントブレーキパッド交換と少し走った話

    どうもこんばんは。


    今回はブレーキパッド交換の作業記録と近場を少し走った話です。
    時系列的には前回の記事よりも前の話ですが、フロントブレーキのパッドを交換しました。

    フロントのブレーキパッドを交換するのはこの時以来で、なんとほぼ9年も前の話で自分でも半分呆れてしまいました…
    当時の走行距離は13300㎞、今回の走行距離はだいたい52500㎞なので、ほぼ40000㎞も使ったことになります。
    途中から高速道路の移動中心の運用に変わったとはいえ、こんなに長い間使っていたのね…


    こちらが使っていたメタリカのパッド。
    IMG_20220320_114745a.jpg

    摩材はまだ2㎜あるのでもう少し使えると思いますが、さすがに交換。
    それにしても40000㎞って尋常じゃない距離ですね。
    ブレーキ握れば止まると思っていましたが、もしかしたら賞味期限切れで効きも悪くなってるとかあるのかしら?

    IMG_20220320_114754a.jpg

    IMG_20220320_114927a.jpg


    こちらが交換したパッドで、今回はZCOOにしました。
    TypeCではなく普通のヤツです。
    ZCOOってカタカナでズィクーって書いてあったりジクーだったりするような気がするけど漢字で”時空”って当ててるということを初めて知りました。
    10年単位で使う自分としてはそれこそ時空を超えて使い続けられそうで期待ができそうです。
    新品の摩材の厚さは4.2㎜でした。
    IMG_20220320_113531a.jpg

    IMG_20220320_115021.jpg

    IMG_20220320_115038.jpg




    ここまでが3月最後の週末の話で、HAWK11のこととか考えながら別宅に戻ってきたというのが前回の記事でした。




    そして3月の終わりに有給休暇を取って少しだけ走ってきました。


    朝ごはん食べてフラッと走り出してなんとなく海沿いの国道に出てそのまま南下。
    「そうだ、佐原にでも行ってみよう・・・」
    時々バイク雑誌で記事になりますが、これまで訪問したことはありませんでした。
    近場でいつでも行ける場所だし絶景の道ってわけでもないのでね、積極的に行くって感じでもなかったのです。



    飛騨高山とか奈良井宿、大内宿なんかと比べるとコンパクトな感じかな。
    川と古い和風との建物はよく合いますね。
    IMG_20220330_105047.jpg


    現地の観光案内の掲示板で伊能忠敬さんの記念館があるという情報をゲット。
    なんでも佐原の出身だそうです。知りませんでした。
    せっかくなので大人500円の入館料を払って見学してみることにしました。まあ、特に予定もなくて時間はあるので。
    IMG_20220330_105929.jpg


    50歳超えて江戸に出で自分より一回り以上も若い先生の弟子になって天文学を勉強したんだそうです。
    53歳から全国の測量初めて71歳まで続けたらしいです。
    すごいなぁ。好奇心とか体力とか実行力とかホントすごい。
    73歳で亡くなった後、弟子の人たちによって3年後に日本の全図が完成したとのこと。
    展示スペースとしてはそんなに広くはないですが、資料は国宝に指定されているものもあったりしてなかなか見応えがありました。


    駐車場で缶コーヒーを飲みながら次の目的地を考えます。
    で、Googleさんに道案内を頼んで、ここ↓に来ました。
    IMG_20220330_132243.jpg

    成田空港の近くの航空科学博物館です。
    700円払って入場。まあ、特に予定もなくて時間はあるので。

    周りは小学生くらいの子供とその親ばかりで、いい年のおっさんが一人で入場してるのは自分だけ。
    ここは旅客機のフライトシミュレータが有名で子供たちに人気らしいのですが、この日は待ち時間はほとんどなかったようです。
    実は割と飛行機好きでフライトシミュレータトライする迷ったのですが、さすがに恥ずかしかったのでやめにしました。
    あと全然知らなかったのですが、ゼロ戦のコクピットの実物大模型が展示されているんですね。
    通常は座席に座ることができるようです。
    現在はコロナのため休止となっていたのが残念でした。


    最後は近くの飛行機の丘という所で飛行機を眺めて終了。


    IMG_20220330_131101.jpg

    IMG_20220330_131115.jpg


    たまにはこんなのも悪くないですね。
    走行距離は少ないものの、満足度は中々高かったです。


    ジクーのパッドについては今のところメタリカとの違いがいまいちよくわかりません(汗)
    メタリカはガツンと効くタイプでジクーはジワ~っと効くというインプレをよく目にするんですけど…
    効き自体は評判どおりとても強力だと思います。
    もう少し使ってみて何かあればインプレ書くかもしれません。

    フロントブレーキ パッド交換 52552㎞


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村


    V11 車検完了

    どうもこんばんは。
    そして新年あけましておめでとうございます。


    思いのほか早くV11の車検が終わったという連絡を受けて急遽引き取ってきました。
    既に別の予定を組んでいたのですが、約束の時間を後ろ倒しにしてもらってバイク屋さんへ。
    再び感染者が激増しているので行けるうちに行っておかないとね。

    お店が開く時間に合わせて到着、お金を払ってすぐに出発。
    整備の方は特に問題はなかったとのことで一安心。
    失くしたFブレーキのリザーバータンクのキャップのボルトは合うやつを見繕って取り付けてくれたとのこと。
    いつもすんません。


    帰りは下道で渋滞ってほどでもないけど10~30㎞/hくらいの加減速を繰り返す状況があったのだけど、これがまたかなり運転し難い。
    やっぱり燃調って重要です。

    gasさんのブログで第三京浜の保土谷PAが何やら変わったらしいということだったので寄り道してみました。
    なんとまぁ、こんなことになってました。
    これからは”集会は松屋の駐車場で“、ってことになるんですな。
    IMG_20220115_121015.jpg

    第三京浜ってNEXCO東日本の管轄だと思うけど、レストランとか売店とか本業ではないところはアウトソースしてサービス上げる、自分たちは道路の管理ちゃんとやって料金下げるような努力をする、とかならいいんじゃないですかね。
    これも時代の流れかな。


    アオリのアングルで1枚。
    IMG_20220115_120840.jpg


    2年間の路上生活の権利を獲得しました。
    IMG_20220115_120912.jpg

    写真を撮ってすぐに退散。
    車検モードから通常モードへの移行作業はまた今度です。

    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村