車検に出すのにちょっと失敗

    どうもこんばんは。


    昨日V11をいつものバイク屋さんに車検に出してきました。
    車検に出しただけと言えばそれだけなのですが、いつもとはちょっと違う状況でした。

    何が違ったかというと、こんなの↓を取り付けてバイク屋さんまで走ったこと。
    IMG_20191227_170004.jpg

    ちょっとミスって車検を切らしてしまいました。
    いつもならマフラー替えたり、サブコンにゼロマップを書き込んだりするお受験準備のあとはそのままバイク屋さんまで走っていって”よろしく”で終了なんですが、今回は余計な手間をかけるハメになってしまいました。



    事の始まりは11月初旬まで遡ります。
    車検は12/17までで、バイク屋さんに12/8日(日)に入庫する予約をしていました。
    ところが不覚にも12月1週目にインフルエンザになってしまったのです。
    12/8日は流石に無理ってことで変更の相談をすると、翌週末の12/14、15はお店の改装工事の関係で入庫できないと言われてしまいます。
    12/17に車検切れちゃうんで何とかなりません?と聞くと「任意保険レッカーサービスとか使えないですかね?」と言われたのです。
    任意保険のレッカーなら自慢ではないが経験値高いので、「なるほど、その手がありますね。了解です。」ってことで12月21日(日)に入庫の予約をしました。

    思えばこれが失敗でした。


    12/20の土曜日にお受験仕様にして、さて、レッカーの予約するか、と保険会社に電話をすると…
    保険会社のコールセンタのお姉さんと名前、住所などいくつかのやり取りの後でレッカーを使う理由を聞かれたわけです。
     
     自分   :「バイクをバイク屋さんに運んで欲しい。
           車検が切れているので自走できない。
     お姉さん:「 …車検が切れているのですね…」

    瞬間的に良くない雰囲気が漂いました。

     お姉さん:「誠に申し訳ないのですが、
           車検が切れている車両を運ぶことはできません。

    へ?そうなの?
    この後は何を言ってもダメでした。

    もう埒が明かないので、あきらめてバイク屋さんに電話をすると「JAFなんかどうでしょう?」と言われます。
    JAFのホームページを見てみると同じように車検切れの車両はレッカーできない的な文言がバッチリ書いてありました。
    仮に車検の話をせずにJAFに来てもらってから積載時に車検証確認されてNGです、と言われるリスクを思うと素直に仮ナンバーを取った方が確実な気がしました。

    調べると仮ナンバーを取るには自賠責が有効期間であることが条件らしいです。
    幸いなことに自賠責は来年1/5まで有効だったので、仮ナンバーを取ってバイク屋さんまで自走の方法を採る方向で考えました。
    年末年始の休みと自賠責の有効期間を考えると仮ナンバー申請・取得は12/27(金)がラストチャンスです。
    そして12/27は仕事納めの年内最終営業日、かつ現在のお仕事の状況を思うとなかなか休みを取るのも気が引ける状況でした。
    でもそんなことに負けるわけにはいきません。
    かなりひんしゅくを買いながら強引に午後半休を取得。
    だってV11>>仕事なので仕方ない。たまには許してもらいましょう。

    そして昨日の27日は午前中の業務を終えてから茨城~横浜市の某区役所までダッシュで移動、何とか17:00前に区役所にたどり着いて無事に仮ナンバーをゲットすることが出来ました。
    家に戻って、ナンバー付けて出発したのが18:00過ぎ。
    師走の夜の街を走って入庫してきました。


    それにしても、「任意保険のレッカー」ですべて解決すると思っていた自分の浅はかさを思い知ることになりましたw
    ちょっと調べてみると以下のような事らしいです。
     
     ・車検切れを起こした車は、公道をレッカー移動することができない
     ・道路交通法によって被牽引車両の車輪が回転していれば、走行状態となって違法になると解釈されているため
     ・このため車検切れの車両を自走した場合と同じように「無車検車運行」とみなされ、「道路運送車両法違反」となってしまう
     ・同様に自賠責保険が切れている場合は、併せて「自動車損害賠償保障法違反」が適用されるので注意が必要
     ・レッカー車、もしくはロープによる牽引も含めて、全てNG

    一方で下記のような記述もあります。
     ・車検切れの車を移送させる方法として、車をキャリアカー(積載車)などに積んで車検場まで運送する方法がある
     ・積載車で移動する場合は、車検や自賠責保険が切れていても、全く問題ない
     ・車の存在は宅配便のような荷物と同じ扱いになるため
     ・この方法での移動であれば「道路運送車両法」、「自動車損害賠償保障法」に抵触することない

    これによると、最初に任意保険のレッカーを頼んだ時、「バイクなのでけん引ではなく、積載だろう」と言えばもしかしたらOKになっていたかもしれません。
    電話口のお姉さんは明らかに保険会社の人ではなく、コールセンタのバイト(?)っぽい感じだったのですね。
    電話でもダメな理由をちゃんと説明すればよいのに「上席に確認してもダメと言われた」しか言わないのですよ。
    保険会社もコールセンタ業務をアウトソースしているのだろうけど、アウトソースするならマニュアルにもちゃんとダメな理由を書くべきと思うのは自分だけでしょうか。
    結局、マニュアルで規定した応答以外させないことで面倒な判断業務をしなくて済むようにしているのでしょうけどね。


    それにしても今回はよい勉強になりました。
    保険会社が車検切れのバイクを運べないという理由は謎なままですけどね。
    保険会社ではバイクもけん引が標準の方法と規定しているのでしょうか?
    この辺りの実情をご存知の方がいたら是非教えて欲しいですね。
    それから仮ナンバーというものの実物を初めて手に取りましたが、車用のやつを共用しているんですね。
    てっきりバイク用のものがあると思っていました。
    知らないことってたくさんありますね。

    兎に角、何とか年内に車検に出せたのでスッキリしました。
    車検のほかに追加の作業を頼んだので、完成まで少し時間がかかりそうですが、どうせ寒いし忙しいのでのんびり待つことにします。

    とりあえずこんな感じという事で。


    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村



    久し振りの更新

    信州ツーリング以来初めての更新です。
    なんだかバタバタしていてどうもブログ更新というモードではありませんでした。
    それなりにネタはあるのですが、細かいところは端折ってざっくりと書いておこうと思います。

    1.V11オイル交換  9/28  38645.6㎞
    これまで自分でオイル交換はやっていませんでした。
    今回、ちょっと気が変わってオイル交換してみましたw
    改めてオイルの量についてオーナーズマニュアル記載の内容を確認すると↓の感じ。
    色々と発見と驚きが。



    Description LitresRecommended products
    Crankcase sump 3.50"Agip RACING 4T SAE 5W-40" oil
    Gearbox 0.85 "Agip Rotra SAE W/90" oil
    Rear drive 0.37
       0.35
       0.02

     "Agip Rotra MP SAE 80 W/90" oil
     "Agip Rocol ASO/R" oil (←モリブデンです)


    エンジンオイルの粘度は5W-40が指定だったとは全く知りませんでした。
    ミッションとファイナルケースのオイルってそれぞれ指定銘柄が別だったのも初めて知りました。
    ずっと同じオイルを入れてもらってるのですよ。
    ところでAgipって名前が変わって、結局どうなったのかな?どうでもいいけど。

    一応マニュアルの内容を確認してから、いつもの銘柄を購入しました。
    IMG_20190928_151418.jpg


    ミッションとファイナルケースはバイク屋さんでMOTULのGearboxを入れてもらっていて今回も当然ながら継続使用。
    最初からモリブデンが含まれているので面倒くさく無くて良いです。
    両方で1.22Lというのがイヤらしい。まあ、仕方ないけど。
    エンジンオイル量は3.5Lとなっていますがこれまでのバイク屋さんでの作業明細ではフィルター交換時3.0L、無交換では2.7L程度となっていたので今回は3L購入。

    オイル交換未経験者なのでオイルジョッキも持っていませんでしたw
    今回の作業のために購入。
    まずは2Lを投入、入れすぎると面倒なのでこまめに様子を見ながら補充して結局2.6Lほどで規定値になりました。
    ちょっと少ない気がするけど、大丈夫かな?
    IMG_20190928_155248.jpg


    次はファイナルケース。
    こちらは料理用の計量カップで350㏄を計量して注入しました。
    Gearboxはモリブデンが添加されているので真黒。
    排出されたオイルも真黒。
    劣化しているのか、していないのかさっぱりわからず。
    手触りとかニオイとかではおかしな感じはなかったです。
    350㏄でもレベルチェックのボルトからあふれて規定のレベルになるまでかなり時間がかかりました。
    IMG_20190928_165359.jpg

    IMG_20190928_164325.jpg

    最後にミッションのオイルを交換。
    100均のゴム製のジョウゴが上手く使えました。こちらも総量?は850㏄ですが、800㏄でほぼ規定量って感じでしたね。
    IMG_20190928_172023.jpg

    IMG_20190928_172532.jpg


    翌日、オイルの滲み、漏れがないことを確認して完了としました。

    ドレンワッシャの寸法をメモ。自分用の備忘録。
    ・エンジンオイルドレンボルト     内径:10㎜ 外径:18㎜  厚さ:1.5㎜
    ・ミッションオイルドレンボルト     内径:10㎜ 外径:18㎜  厚さ:1.5㎜
    ・ファイナルケース
         ドレンボルト          内径:10㎜ 外径:18㎜  厚さ:1.5㎜  
         レベルチェックボルト  内径:10㎜ 外径:18㎜  厚さ:1.5㎜
    ブリーザーボルト 大  内径:16㎜ 外径:22.8㎜ 厚さ:1.5㎜
                       小  内径:10㎜ 外径:18㎜  厚さ:1.5㎜


    2.九州出張で、大宰府天満宮にお参りその他
    仕事で福岡にお出掛け。
    土曜日の午後、時間が出来たので少し観光しました。
    ラーメン食べて、大宰府天満宮にお参りをして、中洲の屋台でもう一度ラーメン食べたり。
    九州は食べ物がおいしいですね。

    IMG_20191019_131442.jpg

    IMG_20191019_161346.jpg

    IMG_20191019_143626.jpg

    IMG_20191019_214858.jpg


    3.オイルフィルターを買って、ついでにフィルターレンチを買ったらサイズが合わなかった件
    オイルと前後してオイルフィルターとフィルターレンチも購入。

    オイルフィルターはGuzzinoさんで購入。
    IMG_20191110_120836.jpg

    2016年12月1日の生産のようです。チュニジア製なんですね。
    IMG_20191110_121004.jpg

    ついでにいろいろ調べてフィルターレンチを購入。
    奮発してKTC製を買ったのですが、まさかの不適合…(;´д`)トホホでした。
    IMG_20191110_120846.jpg

    フィルタは14角で2面幅73.7㎜。
    レンチは74㎜。ただし、8角。入る訳ないです。
    次のオイル交換までに買い直すしかないですね。
    オイルフィルターは間違ってないことを祈るだけです。


    こんな感じで特に変わり映えのない毎日を過ごしております。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村

     
     
     
     
     
     
     
     

    MOTUL(モチュール)300V 4T 15W50 バイク用エンジンオイル 100%化学合成(エステル) 1L [並行輸入品]


     

    MOTUL(モチュール) GEARBOX (ギア・ボックス) 80W90 二硫化モリブデン配合ギアオイル[正規品] 1L 13301211


     

    デイトナ(DAYTONA) プラオイルジョッキ 2L 96398







    V11 フロントフォークオーバーホール完了

    絶妙のタイミングでフロントフォークが逝ってしまったしまったV11君。
    とっとと直したかったのですが、バイク屋さんやサス屋さんが夏休みの関係もあって発注先を決めるのが遅くなってしまいました。

    結局、いつものバイク屋さんとG Senseさん、そしてTechnixさんに納期と金額を確認。
    納期最短だったTechnixさんに発注することに決定。
    Technixさんのオーバーホール代金は40000円+消費税で金額も一番リーズナブルでした。

    発注先が決まれば後は行動するだけです。
    取り外したフロントフォークをTechnixさんの夏休み明け初日の8/16に到着するように発送しました。
    ホームページからオーダーを入れておいたんだけど、一応16日に確認の電話をしたら無事到着していました。
    8/18の日曜日はお店がお休みらしかったのだが、8/20には作業完了して翌日にはウチに届いていました。
    はやい!

    そしてこの前の土曜日にさっそく車体に取り付けました。
    Technixさんから戻ってきたフォークはきちんと梱包されていて交換した部品と作業明細が同梱されていました。
    当たり前かもしれませんが、ちゃんとしているんだなぁという感じで好印象。
    IMG_20190824_160910.jpg
    IMG_20190824_160806.jpg

    プチプチに包まれていたフォークを出してみたらプチサプライズが!
    ストロークセンサーがついていました。
    こんなサービスがあるなんて知りませんでした。ホームページに載っているのかな?
    IMG_20190824_162248.jpg

    フォークの取付は前回開発したすり割り広げテクでサクッと完了しました。
    くどくてすみませんが真冬でも汗だくになってやっていたことを思えばホントに簡単になりましたよ。
    IMG_20190825_103156.jpg
    IMG_20190825_103239.jpg

    早速試乗してみるとなんか減衰がガッツリ効いているいる感じでフワフワ感ゼロって感じ。
    無駄な動きが無くなったのはいい感じですが、ちと減衰が強すぎるかも。
    ショップオリジナルのフォークオイルを入れてくれたようだけど粘度が少し違うのかな?
    伸/圧とも弱める方向で調整しようと思っています。


    最後に同梱されていた部品の写真です。
    スライドメタルは4個ともこんな感じ。
    昔11000㎞くらいで一度オイル漏れでオーバーホールした際に交換しており、そこから25000㎞ほど走った状態です。
    ほとんど減っていないように見えるけどどうなんでしょうか。
    IMG_20190825_105112.jpg
    IMG_20190825_105133.jpg
    IMG_20190825_105416.jpg


    さて。これでギリギリ夏の最後に間に合いました。
    次の週末はどこかに出かけようと思っています。



    とりあえずこんな感じという事で。


    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村

    V11 フロントフォークの外し方

    夏休みもすでに中盤に入りつつありますね。

    フロントフォークからお漏らし中のV11君。
    今日になってようやくフロントフォークを外しました。
    いつものバイク屋さんでは9月まで作業予約でいっぱいらしく、フォーク単体でテクニクスさんかG Senseさんにメンテナンスに出そうと思っています。
    ただ、どちらもお盆休み中で納期の確認が出来ず、発注先を決めかねている状態。
    ということで、今日はフォークの取り外しまでで終了としました。


    ぶっちゃけそれだけなのですが、今回、フォークの取り外し方を少しばかり工夫しまして、過去例のないレベルで簡単にフォークを外すことが出来ました。
    ちょっとうれしくなったのでブログにアップすることにしました。

    これまで何度も書いている通り、自分のV11ではフロントフォークを車体から外すのにかなりの労力を要します。
    フロントフォークはトップブリッジ、アンダーブラケットでクランプされています。あたりまえだけど。
    さらにハンドルバーもフォークをクランプすることで固定されています。
    このハンドルバー、トップブリッジ、アンダーブラケットの内径とフォークの外径のクリアランスがキチキチなんですね。
    クランプしているボルト完全に緩めてフォークを抜こうとしても生半可な力ではびくともしません。
    アウターチューブを回転させるのも大変なくらいで、いつも全身全霊の力を込めてフォークを抜いていました。


    今回はフォークを外した状態で数日間は放置せざるを得ないので、狭い駐車スペースに収めた上でこのパワープレイをする必要に迫られていたのです。


    そこで考えました。
    アルミ板とアングル材の切れ端を準備します。共に板厚は1㎜です。
    IMG_20190812_171700.jpg

    いつもとは逆にお尻から車庫入れします。
    IMG_20190812_105754.jpg

    準備したアルミ材は特殊工具として活躍してもらいます。
    「ひろげる君」と命名しました。
    こんな感じです。
    IMG_20190812_120651.jpg

    ハンドルバーも同様にすり割りを広げて外した後で、トップブリッジ側も同じようにすり割りを広げたところ、なんとフォークが自重で落下。
    いとも簡単に抜くことが出来ました。
    これまでバイクを倒さないように気を使いながら、かなりの腕力でフォークを引き抜くという動作をしていたことを思うと超らくちん。
    まるで夢のようですw

    フロントフォークの取り外し作業なんですがここ何回かはアルミ材をかまさずにドライバーですり割りを広げていたのでキズはつくのにすり割りを広げきれないというダメダメ状態でした。
    あまりスマートなやり方ではないけど今回のアイデアで一応解決かな。
    それにしてもなぜ今まで思いつかなかったのか…
    必要は発明の母とは言うもののちょっとマヌケな感じは否めません。


    V11でもオーリンズじゃないサスはどうなのかわかりませんし、最近のV7とかも知りません。
    最初に自分でフォークを外したのは12月のメチャメチャ寒い日で、取り外しに1時間以上かかって、取付にはさらに時間がかかって夜中まで外で作業をしていたという苦い思い出があります。
    雨や雪が降らなかっただけましでしたが…

    生産ラインでの組み立てやメンテナンスを考えると、このクリアランスはあり得ないんじゃないの?と思っていたのですが、何かしらの治具か特殊工具を使用する前提なのかもしれませんね。
    正しい脱着の仕方を知らないだけなのかもしれません。


    フォークが抜けたので、掃除して終了。
    ついでにブレーキキャリパーもメンテをしておきました。
    IMG_20190812_171352.jpg

    後は発注先を決めて外注作業に出すだけです。
    まあ、アレだね。チタンコートはこのままでオイル漏れだけ直す方向でいく予定です。


    とりあえずこんな感じという事で。


    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村



    V11 フロントフォーク オイル漏れ…

    今週は久し振りにV11で走れそうだったのですが、バイクをみたら嫌なものを見つけてしまいました。
    左側のフォークからオイルが漏れてました…
    IMG_20190804_150419.jpg

    写真でもわかると思いますがダストシールがひび割れてきていてそろそろヤバいと思っていたのです。
    ある程度は予想していましたが、ちょっとタイミングが悪い。
    よりによって夏休みまであと一週間の今というのがね…
    ついでにもう一つ面倒なことにインナーチューブのチタンコートも摩耗して下地のクロムメッキが見えてきています。

    いつものバイク屋さんに電話して聞くと入庫できるのは8月末とのこと。
    チタンコートの摩耗はインナーチューブ交換が早くて確実、オーバーホール代金と合わせると20マンエン!!!近くかかるらしい。
    んー・・・ちょっと現実的じゃないな。
    工場長曰く、チタンコートは新品投入が最良であるのは確かだが、現状のままという選択もありとのこと。
    要するに予算次第という事。

    ちょっと考えますと言って電話を切って、しばし悩む。

    チタンコートは目をつぶって、自分でシール類を交換すれば夏休みの後半は走れそうな気がします。
    昔はオーリンズのフォークはダストシール/オイルシールの入手が困難(というか情報が少なかった)けど、最近はそうでもなくてヤマハの純正とかSFKとか入手できそうなので、これが一番手っ取り早そう。
    ただスライドメタルの交換は無理かな。倒立フォークのスライドメタルについてはネット上でも情報はほぼ皆無です。

    つまるところ決めるのは
    1.自分でやるかお店に頼むか?
    2.チタンコートをどうするか?
    3.スライドメタルをどうするか?
    の3つ。
    結局のところ、費用と時間。

    チタンコートは有名な東洋硬化さんに頼めば修復してもらえそうなので、シール類だけを自分で交換する、またはG senseさんとかテクニクスさんあたりにオーバーホールを依頼するってところですかね。
    明日辺り電話で問い合わせてみようかな。

    平成最後の夏はエンジン関係の不具合でまともに走れず、令和最初の夏はサスペンションの不具合で走れなそうな感じになってきました。
    なんだかなぁって感じですが、ま、仕方ないですかね。
    整備不良で走るわけにもいきませんので、ちゃんと直しましょう。


    とりあえずこんな感じということで。


    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村