今年もありがとうございました。

    今年も残すところあとわずかとなりました。

    今年一年、このようなブログに訪問頂いた皆様、コメントを頂いた皆様、大変ありがとうございました。
    おかげさまで今年も何とか続けることが出来ました。



    毎年恒例のガレージの掃除を終わらせて年越しモードに入っています。
    今年は3月から始まったコロナ対策のための外出自粛に始まり、異常に長かった梅雨、そして9、10月も雨が多くてバイクを楽しむにはちょっとマイナス要因の多い年でしたね。
    ツーリングらしいツーリングとしては真夏に走った伊豆と10月の毛無峠、11月に奥只見、福島を訪問したくらいでしょうか。

    一方でコロナ対策で自宅~別宅間の移動は全てV11を使っていましたのでバイクに乗る機会は多かったです。
    そして12/26の土曜日に別宅から自宅戻ってきたのが今年の乗り納めになりました。
    この日は久しぶりにNobhill Motor Cafeさんに顔を出して、絶品のバーガーを頂きました。

    PXL_20201226_050008064.jpg

    相変わらず激ウマでしたが、オーナーさんとのバイク談義&世間話の中ではコロナの影響の大きさを改めて感じました。
    やはり飲食店は大変そうです。
    個人的には今回の年末年始は帰省をやめたのですが、みんなが何かちょっとでも行動を変えることで終息が早まればいいなぁと思っています。


    今、改めて確認すると2020年のV11の年間の走行距離はなんと8724㎞でした。
    自分でも驚くほど走っていますね。
    かつて最も乗らなかった時期は車検~車検の2年間で70㎞ほどしか走れませんでした。
    だんだんと子供たちも大きくなり、また、みんな健康でいてくれるおかげでバイクに乗る時間をもらえるようになりました。
    ホント有難いことです。

    来年もこれまで同様に運転、バイク弄りともに安全第一、ツーリングは無事故無違反で、整備不良で他人様に迷惑をかけないことを目標に楽しむつもりです。
    V11の走行距離はもうすぐ50000㎞です。
    まあ、まだまだ走りますよ。
    ブログの方もペースは遅いと思いますが、出来る範囲で更新をしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。


    それでは皆様良いお年をお迎えください。


    PXL_20201003_040643839.jpg
    走行距離 49070.5㎞



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村


    バイクの事故について思ったこと

    どうもこんばんは。


    最近ネット上でバイク事故の話がやたらと目につくような気がします。
    宮ケ瀬で女子高校生が亡くなった事故などまだ16歳という年齢を思うとなんと言ってよいのか言葉が見つかりません。
    亡くなられた方のご冥福をお祈りします。


    さて、別の事故なんですけどカーブで対向車線を走るバイクが転倒、自車に向かって滑走してきたバイクを避けられず、激突、転倒という映像も話題になっています。



    一つ目の映像です。奥多摩とのことです。




    二つ目。こちらは道志みちとのことです。




    はっきり言ってこれはヤバいです。どちらのケースもちょっと回避不可能ですね。
    両方とも激突された方の命に別状はなかったようなので、その点は良かったと思います。

    しかし!  しかしですよ…  奥多摩の事故ではセンターポールがあったおかけで転倒車側のライダーが減速していますが、それが無ければそれこそ人間魚雷です。
    これで転倒したライダーを轢く形になってしまっていたらホントどうなってたんでしょうね…

    自分も大学生の時に免許をとってからバイク、クルマ合わせて20万㎞以上は運転していますが、この状況は未経験だし、あまり想定もしていませんでした。
    もしかしたら、昔からそれなりにあるパターンなんだけど、近年の映像の記録、ストレージ、共有が簡単にできるようになった技術革新のおかげでこうして目の当たりにできるのかもしれないけど。


    宮ケ瀬の事故とこの2つの映像の事故って、転倒した側と激突された側と主体が違うだけで、表裏一体だと思っています。
    奥多摩も道志の事故も転倒した側に突っ込まれた被害者の視点の映像ですよね。
    奥多摩の事故では転倒・激突した側のライダーは幸いにしてそれほどの重症には見えませんが、宮ケ瀬の事故では転倒後に他者に当たることは無かったけど、不幸にして亡くなってしまった事故。


    今回の映像を見る限りは被害者には絶対にならない、という宣言はできないような気がしてきました。
    もちろん、ブレーキングの練習とか意味ないと言っているわけではないですけど、あの状況でよけることは無理だと思います。
    こんな事故を見てしまうとドライブレコーダー必要かもって思ってしまいました。
    ドライブレコーダーをつけたところで事故を回避することにはならないのだけど、証拠の映像が残るのは大きいですよね。
    奥多摩の事故では事故の瞬間の記憶が無いということですからね。

    まあ、別の言い方をすればバイクに乗る以上はまず加害者にならないようにすることが絶対必要。
    これを全員がやればバイクミサイルとか人間魚雷にやられるみたいな事は起こり得ないはずなんだけどね。
    道志の事故は走行中にサイドスタンドがどうのこうのって話になっているようですけど、まあ、僕に言わせれば言語同断ですね。
    もちろん、どんな状況だったのか全部わかっているわけではないので、そんな事言う資格は無いと言われればその通りだけど。
    昔から言われているけど、バイクはとにかく免許を取ったその日から自分で全ての判断をして運転操作をしないといけないもの、不慣れだからと言って助手席から誰かがアドバイスしてくれるクルマとは全く違うもの、という事をもう一度肝に銘じた方がよいと思いました。


    今回は自分の想定を超えたレベルの事故映像だったので、ブログの記事にしてみました。
    起承転結とかオチとか何もないですけど、こんな事故には逢わないように、また起こさなように気を付けて運転したいものですね。


    最後に宮ケ瀬の事故についてなるほど、と思った映像もリンクしておきます。
    内容に凄く共感しました。



    とりあえずこんな感じということで。




    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村


    レーサーズ外伝 クリスチャン・サロン

    どうもこんばんは。


    緊急事態宣言が全国に拡大適用されて最初の週末。
    土曜日はすごい雨と風で一歩も外に出ませんでした。
    もう、ホントにコンビニすら行かないという感染拡大防止としてはこれ以上ないという一日を過ごしました。
    引きこもって何をしていたかというと、先日購入したこれ↓を読んでいました。
    IMG_20200412_215846.jpg


    クリスチャン・サロン、好きだったんです。


    WGPを見始めたのがいつ頃だったのか忘れてしまいましたが、中学の頃?テレビ東京でモーターランドっていう番組をやっていいました。
    国内外の2輪、4輪のレースの映像をダイジェストで流すような番組だったと思いますが、その番組でWGPというものを知ったように記憶しています。
    そして当時はモーターランドがGPの映像を見ることが出来る唯一の機会でした。
    平忠彦がサンマリノGPで優勝してゴールラインを超えた直後にガッツポーズしながら走っているシーンを放送していたんだけど、それが今でも印象に残っていますね。
    それから少したって、バリバリ伝説なんかも読むようになって、なんとなくバイクかっこいいなぁ、乗ってみたいなぁと思うようになったのが´87年とか´88年頃だったと思います。


    こんな風に自分がバイクに興味を持ちだした時代だったからかもしれないけど、80年代後半から90年代中頃までってWGP(今はMotoGPですが)が一番盛り上がっていたと思うんです。
    なんと言っても役者がそろっていました。
    ローソン、ガードナー、レイニー、シュワンツ、それからケビン・マギーとか。
    現在のMotoGPではマルケス、ロッシ他ヨーロッパ出身のライダーが強いですが、当時はアメリカ人とオーストラリア人が一大勢力を築いていて、表彰台も彼らが独占していたようなイメージがあります。
    そんな中でロン・ハスラムとかニール・マッケンジーなんかのヨーロッパ出身のライダーの中で一番速かったのがクリスチャン・サロンでした。
    特に´88年はシーズン中盤で5戦連続でポールポジションですからね。
    もちろん、当時はインターネットなんかなくて毎月発売される雑誌くらいしか情報源は無かったのですが、それでも今の自分が覚えているくらいなんで、結構なインパクトがあったんだと思います。

    とにかくリーンウイズ~リーンインのライディングフォームがカッコよかったのね。
    最後のころはハングオフもしてましたけど。

    深いバンク角で高速コーナーを走るサロンのライディングは憧れでした。まさに人車一体。
    大学生の頃はジムカーナの真似事っぽいこともやっていたのですが、バイクの上であまり大きく体を動かさずに、スムーズに最大バンク角まで寝かせるにはどうしたらよいか、深いバンクで安定して旋回するにはどうすればよいか、バイク雑誌の写真をひたすら眺めていましたね~。
    ジムカーナではあまりハングオフってやらないですから、必然的にサロンの写真をよく見ていました。


    まあ、自分の話はどうでもよいのですが、今回のレーサーズ外伝を読みながら30年前のことが懐かしく思い出せたのと同時になんとなく楽しい気分にもなれました。
    全体を通して興味深い内容でしたが、特に最後のサロン本人へのインタビューは必読って感じです。
    サロンの考え方、メンタリティとかへぇーって感じだったし、サロンのYZRの話とかタイヤの話などは僕にとっては初めて知る内容で、全く飽きずに最初から最後までイッキ読みでしたw


    レーサーズはハード面に焦点を当てる雑誌ですが、こんな感じで人物にスポットライトを当てた内容も良いですね。

    今回のレーサーズ、自分があこがれていたライダーという事もあると思いますが価格以上の内容で大満足でした。
    ケニー・ロバーツなんかはインタビュー記事も時々目にすることはありましたが、サロンの記事なんてほとんど見たこと無かったしね。
    それにサロンファンでなくても80年代後半のWGPやGPライダーに興味のある人は読んでみても面白いと思います。
    サロンが他のライダーをどんなふうに見ていたのか、自分のライディングや立ち位置をどう見ていたのかっていう部分についても彼のコメントや解説なんかからも推し量ることが出来ますよ。

    これを読んでなんだか昔みたいにサロンのライディングをまねてみたくなりました。
    もちろん転ぶわけにはいかないのでバンク角は浅めになりますが、そこは気分の問題という事で良しとしたいと思います。


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村





    電熱グローブを買いに行ったはずなのに電熱ベストを買っていた件

    どうもこんばんは。


    今年は温かい日が多くてあまり寒さを感じていないのですが、この前の週末は寒かったですね~。
    暖冬とはいえ、さすがにこの時期は寒い日は寒いですね。

    実はワタクシ、バイクの冬装備ってあまり真剣に考えたことが無くて、普通のウインターグローブすら持っていません。

    そもそも関東地方なら日中、気温10℃くらいで太陽が出ていればウインターグローブでなくても困らないんですよ(自分基準)。
    真冬に朝の5:00から走るなんてことはないですし、伊豆あたりにツーリングに行って、夕方陽が落ちてた後に高速を走るとしてもせいぜい1-2時間くらいですからね。
    歴代のバイクもKSRを除いてフルカウルのバイクばかりだったのも大きいと思います。
    毎年11月の最後の週くらいまで別宅~自宅の移動にV11をつかっていますが、3シーズンの普通のグローブで通しています。

    そうは言っても世の中はグリップヒーターや電熱グローブが全盛で完全に時代に取り残された感じもありまして、この前の週末に電熱グローブを2りんかんで見てきました。

    ここで、そもそもなぜ電熱グローブか?ってことなんですが、ご承知のとおり手先を温める電熱装備としては
     1.グリップヒーター
     2.電熱グローブ 車体からの給電
     3.電熱グローブ バッテリー使用
    の3つの選択肢があります。

    グリップヒーターは所有するバイクの台数分準備する必要がある訳です。
    また、V11もKSRも発電能力に不安があります。V11はヘッドライトをLEDバルブにでも変更すればグリップヒーター分くらいの電力は捻出できそうですが、KSRでは厳しそうです。
    電熱グローブの電源も同様ですね。消費電力はグリップヒーターより少ない印象ですが、特にKSRが厳しそうです。
    よってバッテリーを使うタイプの電熱グローブが良いのではないかという結論に至りました。

    こんな目論見のもと、2りんかんで実物を確認したのですが現在のライディングウエアではバッテリータイプの電熱グローブを使うのはほぼ不可能という結論となってしました。

    その理由がこの一連の写真です。
    もともと普通の洋服もライディングウエアもたくさん持っているわけではありません。
    数少ない冬用のウエアの一つがこの革ジャンで、こんな感じの服なのです。
    ショート丈のグローブの裾をジャケットの袖の中に入れるとちょうどよい感じになります。
    IMG_20200210_145745.jpg

    普通のグローブを袖の上で留めようとするとかなり無理な感じになります。
    IMG_20200210_145542.jpg
    IMG_20200210_145546.jpg


    お店で試したRSタイチ、コミネともバッテリー無の状態ですら装着するのが結構大変で、どう見ても電熱グローブのバッテリーを収める余地はない…
    車体からの12Vのコードを接続するくらいなら何とかなりそうですが、そもそも自分のコンセプトとは違っています。
    ということで、今回は電熱グローブの購入は見送ることにしまいました。

    いつもは通販で買ってしまうことが多いのですが、今回は慎重に考えて正解でした。
    やはり百聞は一見に如かず、ですね。


    サクッと撃沈したわけですが、電熱グローブコーナーの反対側で電熱ベストのセールをやっているのが目に留まりました。
    セールの品物はヒーテックの電熱ベストで試着用のサンプルと袋に入った商品がワゴンに載っているではありませんか。
    5Vのモバイルバッテリーを電源に使用するタイプで、9800円の値札がついています。
    ちょっとスマホで調べると結構安いみたいです。
    どうもブランド名が「ヒーテック」から「ヒートマスター」に変更になったようで、旧ブランドの「ヒートテック」製品がセールになっているとのことでした。
    「ヒーテック」は雑誌でよく見かけていたブランドで性能はそれなりに悪くはないんだろうなぁ~という程度の理解でしたが、折角なので勢いで購入しちゃいました。

    IMG_20200208_154546.jpg


    サンプルは黒だったのですが、ワゴンの中に残っていたのはザクかスコープドックもどきの緑しかありませんでした。
    黒の方が良い感じでしたが、ま、気にしないことにしました。
    厚手のロンTの上にヒーテックの電熱ベスト、HYODOのインナージャケットのパターンで試着した結果、XLサイズを購入。
    ちなみに当方170㎝/78㎏で太い人です。

    IMG_20200208_154725a.jpg

    身ごろの内側にモバイルバッテリーの収納ポケットがあり、USBのケーブルが収まっています。
    洗濯する時はUSBコネクタにこのカバーをしろと書いてありました。
    IMG_20200208_154838.jpg

    バッテリーを繋いで、スイッチを入れるとこんな感じ。
    赤/黄/緑がそれぞれ温度設定の高/中/低に対応。
    IMG_20200208_155310.jpg
    IMG_20200208_155321.jpg
    IMG_20200208_155327.jpg

    ところが、室内のテストでちょっとした問題が発生。
    ”低”設定で使っていると5分もしないうちに電源が切れてしまうことが判明しました。
    どうも”低”だと電流が少なくてモバイルバッテリーが負荷側が満充電になったと判断して出力を止めてしまっているようです。
    たまたま自分が所有しているバッテリーだけの問題なのか、すべてのバッテリーに共通の問題なのかは不明ですけど。
    そんなこんなで3段階切替はできないことが分かりましたが、”高”、”中”は問題なく使えることを確認、室内で使うと”中”でもかなり熱く感じます。

    あとは実際にバイクに乗った時に温かいのか?バッテリーの持ちはどうなのか?という事ですね。
    実は翌日の日曜日にKSRで使ってみました。
    次回、実際に使ってみた感想など書いてみようと思います。


    こんな感じということで。




    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村


    令和2年最初の更新 お久しぶりでございます

    どうもこんばんは。


    気がつけば1月も終わり。
    一応ブログを更新せねばという気持ちはあったのですが、仕事が忙しいのと大したネタが無いってことで丸一カ月更新をサボってしまいました。
    3月半ばまではこの忙しさが続くはずで、ブログも放置気味になる可能性高いかな。
    睡眠時間を削ってまでブログに向きあうほどの覚悟はありません。時間があって気が向いたときに更新する感じでいこうと思っております。



    正月休み以降は仕事三昧で、結局週末に自宅に戻ったのは一回だけ。
    この時、V11をバイク屋さんから引き取ってきました。
    今回の車検では、オイル交換とかできるところは事前に自分でやってあったので、手がついていなかったブレーキ関係の整備とかクラッチフルードの交換なんかをお願いしてありました。
    リアブレーキのパッドが摩耗しているたのを交換してもらったりして無事に車検取得完了。

    バイク屋さんからの帰り道ではブレーキのフィーリングが完全復活していることを確認。
    というか、やっぱり徐々に劣化していくのって気が付かないものですね。
    パッドを替えたリアはもちろんですが、フルードが新品になったフロントもまるで別物って感じで嬉しくなりました。
    リアのパッドは新車以来のブレンボ純正を装着してもらいましたが、ずっと使っていたベスラよりもフィーリングがいいかもしれません。
    リアのパッドをもう一度選び直してみようかなって気になりました。

    車検がこれまでの12月から1月になりました。次回は令和4年です。
    IMG_20200119_145553.jpg


    結局、このひと月でV11で走ったのこの一回だけ。ま、仕方ないですね。
    これから2年間、どのくらい走れますかね。
    久し振りに北陸とか中国地方とかに行ってみたいと思っています。
    IMG_20200119_145535.jpg


    あとは別宅に置いてあるKSRでプチツーリングをしたりとか。
    IMG_20200112_105940.jpg


    最後に最近の活動についてちょっとだけ触れておくと、V11の今年のネタを仕込み中です。
    去年、現状の仕様ではベストと思われるところまで追い込めたと思っていた燃調のセッティングですが、もう少し手を入れることが出来るかもしれません。
    どうやらマレリのECUのデータを直接書き換えてセッティングする方法があるようで、ただいま絶賛調査中。
    IMG_20200119_145757.jpg

    燃調ではサブコンで触れる範囲以上の項目を変更できるようで、気圧とかエンジン温度の補正係数なども変えられるようですし、なんと言っても点火時期も変えることが出来る様です。
    このブログでも過去に何度か紹介したことのあるV11LeMans.comでの中でドイツの人がいろいろと凄いことをやっていて、もうびっくり。
    ヒマを見つけては読んでいるのですが、全部英語で理解するのが大変w
    兎に角読んで理解しないと何とも言えないけど、上手くいけばまたいろいろと遊べそうかな。
    進展したらまた記事にしたいと思います。


    とりあえずこんな感じということで。



    にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
    にほんブログ村